« 2004年度に出会った人~小松ひとみさん | トップページ | NHK FM のオペラ放送 »

2005年2月 5日 (土)

2004年度にお会いした人~小松ひとみさん

komatsusan-tsurunoyuJP
写真:冬の鶴の湯温泉(秋田県・乳頭温泉郷)クリックすると画像が大きくなります。
             (撮影 小松ひとみさん)

 小松ひとみさんは秋田県角館町をベースに活躍しているプロの女流カメラマン。昨年夏に取材でお会いしました。日本でも指折りの風景写真家のもとで長年助手をつとめていましたが、5年前に独立。わずかにキャリア5年で、しかし既に「旅の手帖」や「旅」などの表紙を飾るまでになっています。写真に興味のない人はわからないと思いますが、これらの雑誌の表紙を飾るというのは凄いことなんです。あるシリーズ企画を担当した時など、その前任者が浅井慎平だったというから驚き。たった5年で!

 小松さんは元ユニチカのバスケット選手で、それからカメラマン助手に転身したというユニークな経歴の持ち主。そこにいたるまでにはなかなか壮絶なドラマがあって、番組でももちろんそのことを取り上げました。が、そのドラマについては小松さんご自身のホームページに載ってますので、是非そちらで読んで下さい。美しい写真の数々も見ることが出来ます。

[小松さんのHPはこの仕事のページの一番下、リンク欄から入ってください。]   

 さて、小松さんのHPでそのドラマティックな半生はお読みいただいたと仮定して、話を先に進めましょう。――小松さんと話していて、すごく印象に残った会話があります。最初はとても意外に感じられました。

 それはごくなにげない雑談の時にボソッと出てきたのですが、
「でも、私は怪我してよかったと思ってるの」
え???
「もし怪我をしてなかったら、もう『これもん(彼女は鼻高々というジェスチャーをした)』の凄くイヤな女になってたと思うのね」
「イヤな女」というイメージが彼女には似つかわしくなかったので、一瞬ただの謙遜?と思ったのですが、それにしては――カメラが回っている場所なら建て前発言ということもあるでしょうが、状況はあまりにも雑談っぽいのです。

 彼女が通っていたのは女子高。毎朝、長身の彼女がもう一人バスケット部の仲間と登校するときは、校舎の窓に下級生たちが鈴なりになって「コマツサ~ン!」と声をかけてくるのが常だったのだとか。
 ふわあ、そういうことってあるんですねぇ。男子校出身の私には、なかなか麗しい光景です。ほほえましいような気もするが、う~ん、十代の少女だったら、『これもん』にもなるでしょうか。
 スポーツ万能で成績もいい(高校時代の先生にもインタビューしたのですが、過去のその先生の教え子の中で最も成績優秀だったのが小松さんと歌手の藤あや子さんだったのだとか)、希望するユニチカにも入れて(しかも1年目ですぐレギュラー)人生は順風満帆。
「あのとき怪我をしてなかったら、人の心の痛みとかも分からない人間になってたと思うのね」

 ところで小松さんに、こんな感じでHPに載せたいんだけどと、連絡したら、「ちょっと格好よすぎるような気がする」などと、言われてしまいました。ここまでの部分を読み直してみたら、確かになんだか完全無欠のスーパースターのようです。
 小松さんご本人は、みちのくの小京都と呼ばれる雅な町・角館の出身だけあって、おっとりしたところもあります。それと男勝りの体育会系がブレンド。天然エピソードにも事欠かない様なのですが、それは彼女のHPでどうぞ!

 さて、もう一つ小松さんの言葉で印象に残ったのは、将来の夢はなんですか?と聞いたときでした。というのも小松さんにインタビューした1ヵ月後、まったく同じ中身の言葉を、世代もほぼ同じぐらいの女性から再び聞くことになるからなのです。(ということでそれについては次回に回したいと思います。)

 小松さんの写真をよく表紙やグラビアに取り上げている旅行雑誌の女性編集長に、小松さんの写真の特徴を聞いてみました。「花や風景でも、人を撮る時でも、とても優しく暖かい目で対象をみつめている。しかしその奥に強い意志を感じる」というお話でした。

 私に写真を見る目があるとは思えないので、自分の感想を述べるのもちょっと気がひけるのですが、――小松さんの写真は美しい。それは全く陰りのない健全な美意識のもとで撮られているのですが、しかしその底に寂しさが感じられることがあるように思います。あるいは孤独感?
 もちろん全作品ということではないのですが、しばしばそれが見え隠れするような気がします。そしてそこに写真を見る人たちの気持ちが、シンクロしていくのでは?――と思います。

※写真は小松ひとみ写真事務所の許可を得て掲載しており、著作権は小松ひとみさんにあります。無断での複製・転載は固くお断りいたします。

|

« 2004年度に出会った人~小松ひとみさん | トップページ | NHK FM のオペラ放送 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/7819920

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年度にお会いした人~小松ひとみさん:

« 2004年度に出会った人~小松ひとみさん | トップページ | NHK FM のオペラ放送 »