« 文化横丁~横丁シリーズ・1 | トップページ | 三居沢の滝 »

2005年2月14日 (月)

My Funny Valentine’s Day

20050214ValentineJPどうせ義理チョコしかもらえないので、私はあまり関係ないんですが、世間では今日は麗しのヴァレンタイン・デーです。まあ、この年齢でかりに義理じゃないチョコをもらったとしても、ちょっと対応に困るというものですが。

そういえば!私は10年以上前なんですが、すごく不気味というか、気持ち悪いチョコをもらったことがあります。「もらった」と言っていいのかどうかも、分からないんですが・・・

そのころ私は横浜のマンションに一人住まいをしていたんですが、夜家に帰って郵便受けを覗いたら、何か袋が入っていました。あけたらチョコレート。わりと高級っぽいやつで、あのなんて言うんでしょうか、小さい一口大のヤツが銀紙にくるまって何個も入ってるタイプの。
でも誰がくれたのか、名前がどこにも書いてない。妖精の絵が描かれた奇麗なカードがついてたんですが、それにも名前もメッセージも書いてない。イニシャルすらありません。
それに私は住んでいたのは横浜ですが、仕事は東京で横浜には友達・知り合いはいません。まして送るのならまだしも、わざわざ自宅まで来て、チョコを郵便受けに入れてくれるような人なんて・・・

最初に考えたのは、誰か他の人のポストに入れるつもりだったのを、間違えて私のに入れてしまった。でもそれだって名前が書いてないというのが、かなり疑問です。
つぎに考えたのが生命保険の勧誘の人が入れて行ったが、間抜けで広告も名刺も添付し忘れた。でも保険のおばちゃんにしてはチョコ自体が値段高そうな雰囲気。

しかも私は馬鹿なことに、ついなにげに一個食べちゃったのです。アッ!と思っても後の祭り。一瞬「毒入りチョコで無差別殺人」などと言う見出しが脳裏を駆けめぐります・・・が、特に何も無く、チョコレートは美味しいだけ。
よかった・・・マジ毒入りで死んでいたりしたら、意地汚さで後世に名を残すところでした。


その日の夜、夢を見ました。カードに描いてあった妖精さんと私が、一緒にコンサートに行くのです。会場は男女ともちゃんとしたスーツや、女性ならドレスの人たちでいっぱいで、連れの妖精だけバレリーナみたいな格好(しかも薄着)をしているので、恥ずかしい。
でも並んで座って、前半はムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル、終楽章だけなぜか岩城宏之指揮N響にかわっていて、チャイコフスキーの「悲愴」を夢の中なのにちゃんと最初から最後まで全曲聞きました。

脳波の測定などで、夢と言うのはどんなに長い夢のように思えても、実は目が覚める前のほんの一瞬に見るんだと判っていますが、夢の中で音楽を聴いてしまったりすると、どうしてもそんな説は信じたくなくなってきますね~。
願わくばハインリヒ・シュッツの失われた歌劇「ダフネ」とか、夢でいいから聞いてみたいものです。

※チョコの謎は、結局解けず。

|

« 文化横丁~横丁シリーズ・1 | トップページ | 三居沢の滝 »

コメント

楽しい、あるいはチョコレートな?思い出ですね^^

こちら、完全にヴァレンタインとは何?!の世代です。
チョコレートが超高級品だった時代には、喰わず嫌いに徹してました。(あんな黒い塊?!毒にちがいないって思ったんでしょう)

ずっと後に職場で、チョコレートってちょっとしたお土産、プレゼントの定番みたいで、世界各国?のやつに出会えましたが、ベルギー、イタリア、ずっと離れてドイツのがおいしいですね〜〜〜 でも、まずい!なんてのはないです。そこらももてる所以かしら・・・

投稿: edc | 2005年2月14日 (月) 07:47

普通に働いていた時にいつ頃からかなぁ、職場の若い女の子達が、そっせんして、その部署の女性から1000円づつ集めて、男性職員にチョコレートを渡すのが、定例行事になってましたね。今も引き継がれているのかしら?

そうそう、ヨーロッパでは、お花とチョコレートは定番のプレゼントですね。

TAROさんのチョコレート、あわてものの片想いの人だったのではないかしら。
チョコレートのお礼も言ってもらえなくて、その彼女は、やっぱりふられた〜とショックだったかもしれませんね。

投稿: keyaki | 2005年2月14日 (月) 10:31

>euridiceさん

そうそう、チョコレートは定番になっちゃってますね。まあ、ブリュッセルまで行かなくても日本でもアメリカでもGODIVAが買える時代には、聞いたこと無いようなブランドを選ばないと、なかなか感激もさせられないですが・・・
う~ん、ドイツは穴場かも。

>keyakiさん

ないないない、絶対にないです。(笑
webだとなかなか実際のキャラは出なかったりしますが、私はロマンティックな要素とかは完璧にゼロなタイプで、「恋愛?ウザッ!」とか言ってるほうなんです(昔から)。誰かが片思いなんて、私には一番不似合いな状況。

投稿: TARO | 2005年2月14日 (月) 23:30

やはりチョコレートはヨーロッパのもの・・とりわけベルギーのものが傑出していると思います。ドイツのも美味しいですけどね^^

TAROさん、
>アメリカでもGODIVAが買える時代

こちらでは『ゴダイヴァ』と言うのですけど、値段は日本で買うのと同じくらい、でも味は明らかに濁ったような、アメリカ人の好きそうな味に変わってます。
甘さがのどにへばりつくような、しつこい味なのです。

先に挙げたベルギーのチョコレート、亭主が職場へ持っていったところ、殆どのアメリカ人は口にした途端『ウッ^^;』と言葉に詰まったそうです。
チョコレートと言えばあま~いものと思っている彼らにとって、苦味の効いたチョコレートは、ただのマズイものとしか認識できなかったそうですよ(^_^;)

いながらにして、世界各国のチョコレートを味わえる日本が羨ましい・・と、この季節は真剣に思います^^;

投稿: ヴァランシエンヌ | 2005年2月15日 (火) 00:00

あっ、やっぱりそうですか。前にゴダイヴァと発音する人がいて、きっと英語圏ではそう言うんだろうなあと思ってたんです。

でも甘すぎるチョコレートはちょっと・・・。日本人の感覚だとお子ちゃま向けの感が否めませんよね。
スイスで買ったのも美味しかったような。名前忘れましたが。

投稿: TARO | 2005年2月15日 (火) 00:43

イタリアではチョコレートといえばスイスのようです。
イタリア人が出稼ぎにスイスに行って、いろいろ失敗するドタバタコメディー映画を昔、昔イタリアで見て、笑いましたが、たとえば、イタリアではパニーニといって、小型のフランスパンにプロシュートをはさんで食べるのが定番ですが、それが、チョコレートをはさんで食べていて、そこで、観客からどっと笑いがくるわけですね。
もちろんスイス人をおちょくっているんですよ。
スイス人とイタリア人って、水と油かも。

投稿: keyaki | 2005年2月15日 (火) 13:15

上の文章紛らわしいですね。
ええーー、パニーニにチョコレートをはさんでたべていたのは出稼ぎのイタリア人です。
静かな公園で、スイス人家族がピクニックをしていて、それはそれは静かにランチなどを楽しんでいるんですね。そこに出稼ぎのイタリア人が来て、バリバリモグモグ、チョコレートをはさんだパニーニを食べて、そのスイスの上品な家族のひんしゅくをかう・・・という設定だったかな。
つまんないはなしで連続カキコミごめんなさい。

投稿: keyaki | 2005年2月15日 (火) 15:52

そういえば、スイスのチョコレートを忘れてました。

>チョコレートをはさんだパニーニ
なるほどね、イタリア人から見ると、チョコレートと言えばスイスなのね。出稼ぎどころか、高校生でもちょいとスイスへアルバイトなんて地域もあるみたいですね。まあ、こういう地続き外国の感覚って、実感がわかないです。島国ではね〜〜

投稿: edc | 2005年2月15日 (火) 23:14

チョコレートをはさんだパニーニって・・・最初オエッと思ったけど、意外と美味そうな気が・・・
溶かしちゃったら普通だから、今度やってみよう。板チョコで。バリバリ。

ヴァチカンの衛兵はスイスから来てるそうですが、出稼ぎはイタリアからスイスに行くんですねぇ。

投稿: TARO | 2005年2月15日 (火) 23:48

TAROさん、お加減は如何ですか?
私も今日は疲れ気味だったので、甘いお話をして気分転換を図りました。
(だからちっとも痩せないんですね^^;;;)
この記事に対して、自分で書いたコメントを少しいじって記事をアップしました。該当部分を含めたこの記事全般をリンクさせて頂きました。
不都合があったら仰って下さいね。

ではお大事に!

投稿: ヴァランシエンヌ | 2005年4月21日 (木) 12:01

>ヴァランシエンヌさん

ありがとうございます。なんとか夜になって、体調も戻ってまいりました。(今、日本は夜です。)

リンクありがとうございました。あらためて面白く読ませていただきました。

>私も今日は疲れ気味

も、もしやフィットネス疲れとか?
そういえばアメリカの研究で、実は痩せてる人より太ってる人の方が長生きしてるんだとか。衝撃!

投稿: TARO | 2005年4月21日 (木) 22:08

悲愴っていうところが良いですね~♪
5おさかな♪ぶらぼーです。
あと、おさかな♪の弟は、バレンタインの日に下駄箱になぜか、キャベツが入っていました。
世の中、いろいろなことがあるものです。
※味噌汁の具になりました。

投稿: おさかな♪ | 2005年5月 2日 (月) 22:02

>下駄箱になぜか、キャベツが入っていました。

え?
ビタミンが不足してる子と思われたんでしょうか?
昔キャベツ人形と言うのが流行したけど、もちろん知りませんよね。

投稿: TARO | 2005年5月 3日 (火) 19:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/2918295

この記事へのトラックバック一覧です: My Funny Valentine’s Day:

« 文化横丁~横丁シリーズ・1 | トップページ | 三居沢の滝 »