« 芸能ニュースの落穂拾い Watch What Happens ・2 | トップページ | 裁判ニュースの落穂拾い Watch What Happens・3 »

2005年2月23日 (水)

パソコン通信、終わる

20050223SennanndouJP@niftyのパソコン通信が来年の3月で終了することになりました。
やはり多少感慨深いものが・・・

パソコン通信といっても今の若い人には、何のことかわからないかも。これはテキスト・ベースでネットのホストコンピューターにアクセスし、通信を行うもので、いわば今のインターネットのさきがけともいうべきもの。(当時はそうしたネットワークを全世界的につないだものが「インターネット」であるという説明がなされていました。)

Niftyの場合、当初は ニフティサーブ(NIFTY Serve)の名前で1987年にサービスをスタートさせ、一時は200万を越える会員数を誇る、日本最大のネットワークでした。NEC系のPC-VANと並ぶ(ニフティは富士通系)パソコン通信の二大勢力だったのです。

しかしテキストベースということは画像や音声まして動画などは送受信できないわけで(例外も若干あったらしい)、次第にインターネットにその地位を奪われていきます。特にWindows95のブーム以後は、多くの利用者がインターネット・サービスに流れ、パソコン通信の利用者は激減。ニフティも数あるインターネット・プロバイダーの一つになってしまいました。

ニフティのパソコン通信サービスの一つに「フォーラム」というのがあります。さまざまなテーマで会員をつのり、電子会議室で意見を述べると言う、一種の巨大BBS。(ちまたの小規模なBBSは草の根BBSなどと呼ばれていました。)
一生会うこともないかもしれないまったく見ず知らずの人と、趣味や関心のある事柄について意見を交換できるというのは、当時としてはそれはもう画期的なことでした。

このフォーラムの主催者は、会員のアクセス数によってニフティから手数料がバックされるシステムになっていて、いくつものフォーラムを主催する人などは、莫大な金額が転がり込んでいたと言われています。
当時はプロバイダー料(というか利用料)が定額ではなく、アクセス時間によってどんどん増えていくシステムでした。興味深いフォーラムで参加者が多く、かつ長時間アクセスしてくれれば、ニフティなりPC-VANなりもどんどん儲かると言う仕組みになっていたのです。電話料と合わせると、月何万円もパソコン通信に費やしてる人はザラでした。
(ついでながら、ある複数フォーラムの主催者は、仕事をやめネットの管理に専念したものの、インターネットの隆盛と共にジリ貧となり、結局最後は覚せい剤でつかまったとかなんとか。あくまでも噂で、裏は取ってないので、フォーラムの名前は出せませんが。)

私が初めてパソコンなるものを買ったのはまだ8bitパソコンだった時代のことで、富士通から発売された「AV」という製品でした。256色表示というのが売り物で、「ウオォー!凄い」なんて思っていたのだから、今考えると笑っちゃいますね。

で、そんな初期のパソコンやらワープロやらで、私もパソコン通信をやっていたわけです。いながらにして原稿を遅れるって、なんて便利なんだろうと思いつつ。
そのころはまさかパソコンでオペラの実況中継が楽しめたり、ましてやインターネット上に自分のホームページを開いたり、ブログなんぞというものが出来て自分も始めるなんて、夢にも思いませんでした。

パソコン通信サービスは大手も草の根も次々と撤退し、最後に残ったのがニフティだったわけです。が、時代の流れでついにニフティもそのサービスを終了することになりました。これもしょうがないんでしょう。

ただ特にお年寄りの方とかで、いまだにワープロで通信をしている方なんかもいらっしゃると思うので、そういう人たちがどうするのか。せめてメールだけでも不自由しないように、ちゃんとした代替案が用意されてればいいんですが。

写真:仙台市内に残る蔵造りの建物(若林区河原町の旧仙南堂薬店)

|

« 芸能ニュースの落穂拾い Watch What Happens ・2 | トップページ | 裁判ニュースの落穂拾い Watch What Happens・3 »

コメント

パソコン通信、すっかり忘れていました。
パソコン通信とインターネットとどうちがうのかよくわかりませんでしたが、どうやら今後はインターネットの時代になるらしい・・・ということでネットにのりかえました。
一年くらいかなぁ、ニフティーの会員になっていたのは。でも、ほとんど利用していなかったので、あまり記憶にありません。
当時のインターネットは、なにこれ?なんに使うの?状態でしたけれど、今は、オークションに参加したり、海外からCDやDVDを買ったり、ちょっと出かけるときも路線を調べたり、ほんと重宝してます。
ネット依存症かなぁ、テレビを見ない日はあっても、ネットにつながない日はないですよ。

投稿: keyaki | 2005年2月23日 (水) 09:58

う~ん、私もそうなんですが、完全にネット依存症かもしれませんねぇ。
1泊2日の出張ぐらいならパソコンなしでもなんとかなりますが、それより長くなるときは必ずノートを持っていきますし。
大きな街にノート・パソコン持たずに行く時は、必ずインターネットカフェの有無を調べてから行くというのも習慣になってしまいました。

でも仕事よりも何よりも、海外のオペラハウスのHPを見る時ですね。一番「インターネットがあって良かった」と思う楽しいひと時は。

投稿: TARO | 2005年2月23日 (水) 14:58

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/3040414

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン通信、終わる:

» さらばNifty-Serve [微熱日記]
ニフティは来年の3月31日をもって「ワープロ・パソコン通信」 サービスを終了すると発表。いわゆる「NIFTY-Serve」ですが、最盛期に 利用していた者と... [続きを読む]

受信: 2005年2月27日 (日) 10:33

« 芸能ニュースの落穂拾い Watch What Happens ・2 | トップページ | 裁判ニュースの落穂拾い Watch What Happens・3 »