« 「狂った旋律」 パオロ・マウレンシグ | トップページ | キムチ・エアコン?? ~ニュースの落穂拾い・2 Watch What Happens »

2006年2月14日 (火)

OLの7割「なくなって」

20060214StValentineJP何事??と思ったら、バレンタイン・デーのチョコレートの話でした。
全文はこちら

「『チョコレート受け渡しの習慣なんかなくなればいい』というOLは70%。サラリーマンも50%がそう感じている」

とのことで、まあそりゃそうでしょうねえ。渡す人数によってはとんでもない出費だし。
止めればいいと思うんですよね、そう思う人は。
――な~んて言っても、止めれば止めたで、「○○さん、今日は何日だっけ」とか言われちゃうし。嫌いな上司からネチネチ嫌味言われたりするくらいなら、しょうがない今年も義理チョコやっとくか。申し合わせしたって絶対抜け駆けするヤツは出てくるし、だいたいあの女は仕事もろくに出来ないくせに、男に媚びるのばかり上手くって・・・みたいな?

>サラリーマンも50%がそう感じている

これもそうでしょうねえ。
ホワイトデーでしたっけ。なんでも2~3倍の値段のものを返すんだとか。
でも千円のチョコレートを10人からもらって(計1万円)、その2、3倍って2万か3万ってことですよね。バブル期なら許せる出費でも、いまどき3万円は痛すぎ。

そもそも家に帰って小学生ぐらいの娘がチョコレートくれるとかいうんだったら嬉しいかもしれないけれど、休日出勤しろというと絶対やらない上に、その後1週間ぐらいはふくれ面で部内の雰囲気悪くし、たまに残業してるかと思えばデートのための時間調整で時間外手当のタダ取りしてるような女どもに、年に1回チョコレートもらって、何が嬉しい。――みたいなのもあったりして。

とりあえずこの「義理チョコ」という習慣に対して人々はどんな思いを抱いてるんでしょうかと、Googleで検索してみました。
なんと「義理チョコ」で検索したら 検索結果が437,000件も出てきたんですよ!びっくり。
43万件もあっては統計も取れないし、どんな思いも、こんな思いも、あまりにも膨大で、読むの挫折してしまいました。

ちなみに去年の2月14日を見たら、やっぱりチョコレートの話を書いてました。

なお冒頭の絵のバックの花は「フリー素材 季節の花」様からお借りしました。手前の聖人と天使のほうはヤコポ・バッサーノの聖ヴァレンタインが登場する絵を加工しました。

|

« 「狂った旋律」 パオロ・マウレンシグ | トップページ | キムチ・エアコン?? ~ニュースの落穂拾い・2 Watch What Happens »

コメント

ウチの娘は、私と違って、こういうの好きなんですよ。
今年は、職場に男の子が多いからどうしようなんて嬉しそうに悩んでました。女の子全員からあげるそうです。佐川急便の人にもお世話になってるから毎年あげるそうですよ。かわいいでしょ! 
ウチの娘は、OLじゃないからかな。職場は20代の若い子ばかりで、おじさん、おばさんはいませんね。
義理チョコというかんかくはないみたいです。感謝チョコというやつですね。

投稿: keyaki | 2006年2月15日 (水) 02:08

義務感が強くなったら終わりだと思いますけどね〜〜 でも、何にしろ、相当多数がそういう感覚になるから続くんですよね。よその国のことはわかりませんけど、少なくとも本邦では。

家庭内におさまっちゃうことって、それほど盛んにならないでしょ? 例えば、母の日とか父の日とか・・・ ムカシ、なついていたポーランド人が、日本人はなんで母の日に無関心なんだよ!とかって怒ってましたっけ.....

お誕生日なんかもたいして盛んにならないわね。職場で日常的にきょうは○○さんのお誕生日で〜〜すなんて、休憩時間にケーキとお茶でお祝いなんてするところはあったとしても少数派でしょ?

ヴァレンタインに関しては、私、世代的には無関係だし、そういう場所に所属したことがないから、完全に蚊帳の外です。ごく最近まで「ヴァレンタインデーって何?」でした^^;

投稿: edc | 2006年2月15日 (水) 07:00

やはり、季節ネタは盛り上がりますね(^^;
昨日から書きたくてうずうずしていたのですが、TAROさんがイイ感じで取り上げて下さって、嬉しいです~~
便乗リンク&TBさせて頂きました。

Keyakiさんのお嬢さんの
>感謝チョコ
というのは、いい呼び方かもしれませんね。

どんな時でもそうかもしれませんが、人さまにモノを差し上げる時に、義務感が付きまとってしまうのは、あんまり嬉しいことじゃないかもしれませんね…

(って、ここまで書いて確認ボタンを押したらedcさんのコメントが!)

>義務感が強くなったら終わりだと

そうそう、つまりそういうことだと思いますぅ…

投稿: ヴァランシエンヌ | 2006年2月15日 (水) 07:09

フランスではせいぜいここ10年くらいの習慣で、その浸透の速さはちょっと驚き。勿論無関心な人も多いですが、やはりかなりの人は「アメリカの習慣」とか軽い蔑視を気取りながらマンマと乗せられている形で、花屋とレストランはフル回転、ハート型の各種商品とかゴマンとあります。特にチョコレートに拘る習慣は皆無です。米日と違って対象は「友情関係」までは拡がっておらず、「愛情関係」に限られています。カードを送る人も多く、パリ市が街頭電光掲示板でメッセージを流すサービスをしたこともありましたねぇ。若い人には贈り物をするのはもうダサく、SMSを送るのが流行だそう。
今日の新聞によりますと、70%のフランス人は今日何か予定しているそうです(これには仏人もホント?と疑問の面持ち)。男性が送るケースが66%で平均予算は30-50ユーロ(4200-7000円、これにも疑問の面持ち)。歓迎される贈り物は香水(57%)、花(44%)、衣服・ランジェリー(43%)の順の由。

投稿: 助六 | 2006年2月15日 (水) 09:29

keyakiさん

好きな女性ももちろん多いですよね。一人一人相手にあったチョコレートにしたりね。
ピアノのチョコとか楽譜のチョコとかもらったことがあります。

>佐川急便の人にもお世話になってるから毎年あげるそうですよ。

そういうのはもらった人は嬉しいかも。
義理じゃなくって、いかにも感謝っていう感じですよね。

投稿: TARO | 2006年2月15日 (水) 12:07

euridiceさん

たしかに家庭内イベントはあまり盛んにならないかもしれませんね。
基本的に日本人は欧米人に比べると、家族がベタッとした関係にあるからでしょうか?常に相互に依存関係にあるので、わざわざ母の日・父の日でもないみたいな。

職場で誕生日祝われるのは、ちょっと違和感かも・・・
○○歳の誕生日おめでとうなんて言われたくない!という女性は多いような・・・

投稿: TARO | 2006年2月15日 (水) 12:11

ヴァランシエンヌさん、TBありがとうございました。

「なくなって」と思う7割の女性は、職場でチョコレートを渡すのが義務化してるってことなんでしょうね。
残りの3割は、keyakiさんのお嬢さんみたいに楽しんでやってるか、もしくは「この中に1枚だけ本命チョコがあるの」みたいな?

投稿: TARO | 2006年2月15日 (水) 12:27

助六さん

ちょっと意外です。フランス人はこんなのには踊らされずに、もっとクールかと思ってましたねぇ。

>70%のフランス人は今日何か予定しているそうです
>4200-7000円

えーーー??
ま、愛情関係に限られて、しかも男性が贈るとすると、あまり安いものでもなんですけど。フランス全土の70%の男性が、一気に4千-7千円の出費をしたら、凄い内需拡大に・・・

投稿: TARO | 2006年2月15日 (水) 12:33

ドイツもフランスと大体同じ。「一昔前はなかったのに、今じゃ…」のようです。勿論、男性が女性へプレゼント。でも普段ケチなドイツ人が金額的にどれほどプレゼントしているのかは「?」。
>凄い内需拡大に・・・
各国政府は、内需拡大政策として、ヴァレンタインをもっと流行らせたらいいかも?

日本独特の風習を説明するのは、概して骨が折れますが、「義理チョコ」はその典型的な例ですね。

投稿: フンメル | 2006年2月17日 (金) 01:35

助六さんとフンメルさんのお話から推察すると、ヨーロッパはアメリカ式を素直に?取り入れちゃってるという感じですね(^。^;

何故日本は、女性から男性へ…ということになったんでしょうね?0?
ちなみに中国も《女性から男性へ》というケースが多いみたいです…(但し義理チョコの習慣はナシ)

中国人のお友達も、私みたいに「アメリカ式にしようよぉ~~」と旦那様に訴えたところ、見事に却下されたとか(^_^;)

アメリカの小学校でのバレンタインの様子など、私のブログの記事からリンクしている雪虫さんのお宅の記事が詳しいので、興味のある方は是非行ってみて下さいね。

投稿: ヴァランシエンヌ | 2006年2月17日 (金) 07:23

フンメルさん

そもそも「義理」という言葉を説明するのが、ひと苦労ですよね。

(2)対人関係や社会関係の中で、守るべき道理として意識されたもの。道義。「―を欠く」「―と人情の板挟み」「今さら頼めた―ではない」
(3)他人との交際上やむを得ずしなければならないこと。「お―で顔を出す」
(ネット辞書:三省堂の大辞林)

う~ん、ちょっと両方とも「義理チョコ」の説明には使えなさそうですねぇ。義理チョコは「やむを得ず」ではないし、「守るべき道理」でもなく、ちょっと本来の『義理』の意味より薄くて、しかも媚が入ってますからねえ。

欧米の男性は普段からなにかと女性にプレゼントしてそうなイメージがありますから、いまさらヴァレンタイン・デーまでプレゼントしなくてもという感じも・・・

投稿: TARO | 2006年2月17日 (金) 12:23

ヴァランシエンヌさん

ヴァレンタイン・デーって私が中学生ぐらいの時にはすでにありましたから、日本では少なくとも40年近くは続いてる伝統ある(?)イベントなんですよね。
昔聞いた話では、普通は男性が女性に愛を打ち明けるんだけど、この日だけは女性から打ち明けてもいいという話でしたが、今や・・・
どう考えても女から誘うのが、今の日本では主流ですよね。
--だからといって女性からプレゼントする習慣というのは、主流になってないですけど。

投稿: TARO | 2006年2月17日 (金) 12:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/8664522

この記事へのトラックバック一覧です: OLの7割「なくなって」:

» Happy Valentine's Day! [Valenciennes Traeumereien]
…というわけで、お菓子を作ろう!と張り切ったのはいいけど、見事に失敗(^^ゞ 一応、ピティヴィエ(Pithiviers)という、フランス菓子を目指したんですけどねぇーー;中にアーモンドクリームを詰めて焼くパイ。フランス・オルレアン地方のピティヴィエ市の、名物菓子だそうです。 何が難しいって、自分ではちゃんとパイ生地を閉じておいたつもりだったのに、焼いている最中に隙間からアーモンドクリームが流れてきてしまい、無残な姿に(ToT) 流れ出たアーモンドクリームは焦げ焦げになっちゃうし、本当はもっと高さが... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 06:50

« 「狂った旋律」 パオロ・マウレンシグ | トップページ | キムチ・エアコン?? ~ニュースの落穂拾い・2 Watch What Happens »