« ラジー賞の最多受賞者は? | トップページ | 「無伴奏」 小池真理子 »

2006年3月10日 (金)

ココログのソネット化進む & NHKのなし崩しCM導入に反対

20060310Jouzenji9JPその1

さっぱり入れないとか重いとか、ソネットの悪口ばかり言ってたら、今度はniftyのココログがサーバー・トラブルで昨日・今日と、一日半も入れない状態になりました。24時間以上もトラブルが復旧しないというのは、かなり珍しいと思います。
新規投稿が出来なかったのは勿論、コメントも付けられない状態になっていたようなので、もしコメント付けてくださった方がいらっしゃいましたら、(niftyに代わって)お詫び申し上げます。

内輪の話ですが、このココログのトラブル、ココログ・フリーという無料会員のブログには影響がなかったのに、有料会員のブログに影響があったので、大変。毎日更新が途切れた人も多く、おまけに「アクセス出来ない状態」なのに「しづらい状態」などと、明らかに嘘の表示をだしたもんだから、有料会員は怒り心頭。Niftyの障害情報ブログには山と文句が書き込まれています。

その2

NHKの海外向け国際放送にCMを導入する案についてですが、私はNHKの民営化には絶対反対の立場ですので、海外放送だけとはいえ、CM導入にも反対です。

ネットニュースはこちらです。いずれ消えるので、リードだけ引用しておきます。
「通信・放送改革を検討している竹中総務相の私的懇談会『通信・放送の在り方に関する懇談会』(座長・松原聡東洋大教授)は9日、NHKの海外向け国際放送について、広告導入を認めることで一致した。」


これはあくまでも竹中総務相の私的懇談会が出した結論なので、いますぐどうという話ではないのですが、今後この方向で議論が進められるのは必至でしょう。
なにが嫌かといって、本来NHKの民営化などということは国民的問題であり、国民投票を行って決めてもいいくらいの大事だと思います。
それをこういう形でなし崩し的に、海外放送へのCM導入>国内放送へのCM導入=民営化へという筋道をつけようという、やり口の汚さが不愉快。
私の竹中嫌いがますます加速。

|

« ラジー賞の最多受賞者は? | トップページ | 「無伴奏」 小池真理子 »

コメント

>ココログのトラブル

いやーん、コメント&TBも出来なくなっていたとは知りませんでした(^^;ということで、今日の記事でこちらの記事をリンクさせて頂きました。
もうソネットの悪口は言えませんね…

>本来NHKの民営化などということは国民的問題であり、国民投票を行って決めてもいいくらいの大事だと思います。

同感です…ああ、ますます母国に帰るのが憂鬱になっちゃうーー;

投稿: ヴァランシエンヌ | 2006年3月11日 (土) 00:29

ヴァランシエンヌさん

リンクありがとうございました。
そうなんですよ。最近はkeyakiさんのところもeuridiceさんのところも、めちゃくちゃ重いし、しょちゅう「データがありません」なんて出てくるから『ホントにso-netは』と思ってたら、nifty もこのていたらく。
しかもベーシック/プラス/プロがダメで、フリーは影響なしというのがまた、怒りに油を注ぐ感じ・・・

投稿: TARO | 2006年3月11日 (土) 02:10

ワタシも、大嫌い!!!この、竹中!!!

もう、タレント時代から。。。ある時、無意識な、表情に、この男の、すべてがでてました。本人、テレビに、写っているのに、気がつかず、気がついて、アワテタ、表情が、忘れられません!!一応、学者時代の、エピソ-ドです。自分の、事しか、カンガエテナイ、典型的な、立身出世型、ニンゲン!!!小泉は、中曽根」さんの、いうとうり、人を、見る目が、本当にない!!ハヤク、ヤメテ欲しい!!!

投稿: YOKO | 2006年3月11日 (土) 02:12

あたくしもブログのスタートはso-netでしたが,あまりのトラブル続きで,昨年の7月で見限りました.
NHKは最近日本人向けの放送をしていないので,どうでも良いです.
紀宮様のご婚礼の時とか荒川静香のウィニングランとか.
そんなに受信料が欲しければウォンで払ってやる!

投稿: Esclarmonde | 2006年3月11日 (土) 08:35

YOKOさん

あ、YOKOさんもこの人嫌いなんですね。

>ある時、無意識な、表情に、この男の、すべてがでてました。

そのシーンは見てませんが、すごく良くわかるような気がします。大臣になってからでも、この人のTV用に作ってないふとした表情とか、イヤ~なものを感じますから。

誰が言ったんだか忘れましたが、中曽根さんはまだ総理大臣になる前に、いつか自分が首相になったら実現する政策というのを、いっぱいノートに書き付けていたそうですね。小泉さんはまず自分が国のトップになるだろうとは思っていなかっただろうし、政策も(郵政民営化以外)何も無かったんだろうと思います。実際何もしてませんしね。
当然、「人を見る目」などといういわば帝王学も、身に付けてはこなかった。その弊害が竹中べったりに現れていると思います。

投稿: TARO | 2006年3月11日 (土) 11:55

Esclarmondeさん

>そんなに受信料が欲しければウォンで払ってやる!

私は思想的立場はEsclarmondeさんとは逆ですが、そういうのは大好きです。
毎月きっちり受信料の月額に相当するウォンを用意して、是非やりましょう!

投稿: TARO | 2006年3月11日 (土) 11:57

TAROさん、申し訳ないけど、人を見る目なんて、帝王学なんですか?そこのところ、もっと、詳しく、教えてください!何か、ご見識、持ってらっしゃるみたい。

投稿: YOKO | 2006年3月12日 (日) 02:54

YOKOさん

言われてみると帝王学なんていうほどのことじゃなかったですね。(>人を見る目)
でも帝王学の中で絶対に欠かせない要素の一つではあるでしょうね。奸臣を見抜けなかったら国が傾くし。

大臣とかを登用する時は別でしょうし、会社でも経営のトップになるとまた違うんでしょうけれど、普通のサラリーマン・レベルで「人を見る目」が必要なのかとなると、私はまたちょっと違う意見を持っています。
上司として必要なのは、「人を見る目」なんかよりも、とりあえず「楽しく」とまでは行かなくても、できるだけストレスのないような環境で仕事が出来るように気を使うことぐらいじゃないかと思っているんです。そしたら人は自ずから能力を十分に発揮できると思うし。

まあ、私自身が会社組織の中で、部下を持った経験(部下という意識はありませんでしたが)というのが、ほんの数年にすぎないし、しかもその時はベスト・メンバーだったので、特別な経験にもとづく特殊な見解と言えるかもしれませんが。

投稿: TARO | 2006年3月12日 (日) 13:04

TAROさん、ありがとうございました!上司として必要な~は、ワタシにとって、目から、うろこ
でしたが、なんとなく、解るような気がします。自分で、部下、選べない分、いかに、やる気を、起こさせるかが、重要に、なりますもんね。

たぶん、TAROさんが、仙台に、お帰りになったのは、ご家庭の、ご事情と、思っておりましたが
ホンと、ベストの部下、持って、コレカラってイウトキだったと、思われるので、残念でしたね!

それにしても、TARO少年は、早熟でしたね。
ウラヤマシイグライ、自分自身の、青春生活でしたね!東京に、お生まれでしたら、タブン、今頃、海外では。。。ハハハ。。。

投稿: YOKO | 2006年3月12日 (日) 16:27

YOKOさん

中段の4行、上の2行はその通りなんですが、下の2行は実はちょっと違っているんです。でもまあそれはともかく--

アレレ?私ってやはり早熟だったんでしょうか?もしかするとそうなのかもという気もしないでもないんです。
でも、なんかすごく童顔だったので、むしろいつも子供っぽくみられるのが常。早熟と言う言葉があまりにも似合わなくて。
いずれにせよ中学1年から映画少年、中学3年からクラシック少年だった(バイロイトのFM中継とか聞きあさってた)のは確かです。

投稿: TARO | 2006年3月13日 (月) 00:05

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/9027705

この記事へのトラックバック一覧です: ココログのソネット化進む & NHKのなし崩しCM導入に反対:

« ラジー賞の最多受賞者は? | トップページ | 「無伴奏」 小池真理子 »