« 「墜落のある風景」 マイケル・フレイン | トップページ | グレイス公妃 »

2006年12月20日 (水)

私の好きなクリスマスLP

20061220posjpというのも変なタイトルですが、クリスマスの音楽で好きなのが、もうひとつありました。

「コルネリウス/クリスマス歌曲集Op.8 ヘルマン・プライ」

コルネリウスは「バグダッドの理髪師」で知られた作曲家。この歌曲集は、中の1曲「三人の王(三博士)」だけはリサイタルなどで取り上げるひとがいますが、全曲を聞く機会はあまりないんじゃないかと思います。

シューベルトやシューマンの歌曲のように、一聴人を惹きつける魅惑的なメロディという訳ではないのですが、地味ながら忘れがたい曲集だと思います。

で、このプライ盤はLPで持ってたんですが、探してもCD情報が見つかりません。もしかするとまだCD化されてないのかも。

今LPは手元になくて聞けない状態になってるので、ディテイルについては書けないんですが、地味なこの歌曲集にプライが暖か味を与えて、いつまでも心に残る録音にしています。

現在このクリスマス歌曲集Op.8はオラフ・ベーアのCDが出ているようですが、残念ながら私は聴いていません。

* * * * *

14日の記事へのtsukune☆彡さんのコメントでご紹介いただいた、キャスリーン・バトルのクリスマス・アルバム、聴いてみました。

>彼女の最良の部分が記録されていると思います。

と、仰ってるとおりで、とても暖かくかつ心のこもった歌がきかれます。
プライスとは声質がまるで別なので、聴いた瞬間の印象は全然違うんですが、――一口キャッチフレーズをつけるとすれば、プライスは「ゴージャス」、バトルは「ピュア」でしょうか――底の方で共通するものも感じます。
たぶん敬虔さ、真摯さ、暖かみといった要素でしょう。

「聖しこの夜」と黒人霊歌の「マリアにみどり児が生まれた(Mary had a Baby)」「オー・ホーリー・ナイト」などに、特に魅かれるものを感じました。

「聖しこの夜」はそれこそ小学校の先生が子供たちに心をこめて歌って聞かせるような素直で感動にあふれた歌いぶり。「オー・ホーリー・ナイト」は逆にクラシックの歌手としての魅力が全開という感じでしょうか。

|

« 「墜落のある風景」 マイケル・フレイン | トップページ | グレイス公妃 »

コメント

バトルのクリスマス、気に入っていただけて良かったです。(*^_^*)
コルネリウスの曲って、合唱のクリスマス・アルバムに1~2曲入ってることって結構ありますよね。
なんとなくベーア&コルネリウスの組み合わせがステキそうなので、ご紹介のアルバムを聴いてみたくなって検索してみたんですが、既に廃盤みたいでした。残念...
オラフ・ベーアは一時期は物凄い勢いだったのに、EMIへの録音はほとんどが廃盤か廉価盤の投売り状態になっていて、ディースカウの後継者みたいに持ち上げられていたのがウソみたいです。

投稿: tsukune☆彡 | 2006年12月21日 (木) 11:50

tsukune☆彡さん

このCDのような録音を聞くと、バトルの歌に向かう純な姿勢が感じられて、すがすがしい気持ちになりますね。それだけにその後の彼女が残念ですが・・・。

あと前にクリストファー・パークニングとのクリスマス曲集なんて書いちゃいましたが、これは単に「アヴェ・マリア」というタイトルがついてるだけで、クリスマス・アルバムというわけじゃなかったようです。失礼しました。

ベーアのも廃盤ですか。アマゾンで中古は見かけたんですが。
オラフ・ベーアとアンドレアス・シュミットが出てきたときには、これでF=D、プライ以後のドイツ・リートも安泰と思ったものですが、二人ともリートではあまり名前を聞かなくなりましたね。やはりゲルネとクヴァストホフの陰に隠れちゃったんでしょうか?ペーター・マッテイとかデトレフ・ロートにも期待してたんですが、彼らもオペラばっかりですよね。

投稿: TARO | 2006年12月21日 (木) 14:02

パークニングとのアルバムも聴きなおしてみたんですが、こちらも曲によっては不自然なエコー(クリスマス・アルバムのアヴェ・マリアみたいな感じです)がかかっていたりするんですが、心のこもった歌いぶりでした。
スペインの歌曲は、私はこのアルバムで初めて耳にしたので、思い出深いアルバムです。

投稿: tsukune☆彡 | 2006年12月23日 (土) 13:52

tsukune☆彡さん

こちらもお持ちだったんですね。
ファリャの「7つのスペイン民謡」はジェシー・ノーマンが好きみたいで、よくコンサートで歌ってますよね。

ところでバトルはパークニングとはもうひとつ「エンジェルズ・グローリー」というタイトルのアルバムも作ってたんですね。こちらは「聖しこの夜」でしめていて、完全にクリスマス曲集として編纂されてるようですね。なんかいろんなのが(持ってないのにジャケットだけ)記憶の中でごっちゃになってて、ちょっと混乱してしまいました。

投稿: TARO | 2006年12月23日 (土) 21:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/13145662

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きなクリスマスLP:

« 「墜落のある風景」 マイケル・フレイン | トップページ | グレイス公妃 »