« 仙台で桜の開花 | トップページ | シバの女王(後) ~名画と名曲・58 »

2007年4月 7日 (土)

ココログのアクセス制限、解決は道のり遠い?

20070407cocologjpkeyakiさんのブログのコメント欄で、助六さんに教えていただいたんですが、ココログは海外からのアクセス制限が行われています。
海外のプロバイダー全部なのか、地域によるのかよくわからないんですが、3月の上旬からコメントとTBが出来なくなっているようです。

@niftyにクレームのメールを送ったところ、返事がかえってきました。
残念ながら、

「現段階では、解除時期等の具体的な内容を
ご案内できる状況に至っておりません。
 しかしながら、弊社といたしましても状況を監視し、随時対処に関する検討を行っております。
 (中略)より一層のトラックバックスパムやコメントスパムの対策機能の向上を行い、早急な解決をめざし対応しておりますため、今しばらくお時間をいただきますようお願い申し上げます。」

とのこと。
ありゃりゃですねえ。結局いつ解除になるかわかんないんですね。

さしつかえなければ、コメントはメールでいただければコメント欄にそのまま貼り付けますので、遠慮なくお送りください。

|

« 仙台で桜の開花 | トップページ | シバの女王(後) ~名画と名曲・58 »

コメント

「仙台で桜の開花」の名無しのコメントは、ご推察の通り私めでございます。失礼しました。

スパムコメントは、画像認証システムで完璧のようなんですけど、対策の向上って、なんでしょうね。
ちなみにソネットは、自分で画像認証システムを有効にするか無効にするかを選択できます。
トラックバックも有効、無効選択できますし、記事別の設定もできます。『愛の妙薬』の記事にはなぜかアダルト系のTBがすぐつきますので、TB無効にしました。

それから、「記事へのリンクがないトラックバックブロック」というのが選択できるようになっていて、本来のTBの使い方はそういうものだということで、凄いじゃんソネット! と評判のようです。
ということで、私もこれを有効にすることにしましたので、よろしくお願いします。

投稿: keyaki | 2007年4月 8日 (日) 00:21

keyakiさん

不思議なんですが、画像認証システムでも毎日1通ぐらいずつは英語のスパム・コメントが届きますね。自動的に入力するシステムが開発されたなんて話は聞いたことがないので、手動で入力してるんでしょうか(?)。

対策の向上については不明なんですが、もしかすると認証システムを表示する時点までの段階で、すでに@niftyのサーバーを圧迫してるのかもしれません。

>「記事へのリンクがないトラックバックブロック」というのが選択できるようになっていて、本来のTBの使い方はそういうものだということで、

あ、これはなるほどですね。

>私もこれを有効にすることにしましたので、よろしくお願いします。

了解しました。TBするときには、必ず一緒に当該記事のリンクも入れるということですね。

投稿: TARO | 2007年4月 8日 (日) 02:48

トラックバックの件を記事にしましたので、TBさせていただきました。
>不思議なんですが、画像認証システムでも
この画像認証システムですが、記事の内容で、有効になったり無効になったりするものなのでしょうか。それともランダム? 日によって?有効無効を決めているのかしら。
ここでもそうですが、他のココログブログでも、この認証が出たり出なかったり、出ない事の方が多いです。
これはどうかしら?

投稿: keyaki | 2007年4月 8日 (日) 13:34

海外からの接続の制限って最近は英文のスパムコメントやTBが大量送信される事が多いのでその関連の対策でしょうかねぇ?
しかし何も海外からのコメント等をアクセス制限までしなくても・・・って思います。(^^;)
あの手のスパムコメントやスパムTBって殆どは自動投稿だと思います。
だから自動投稿をブロックするだけで大丈夫だと思いますけどねぇ。

最近livedoorBlogでは自動投稿のコメントをブロックしたのかBlogPetのコメントが無くなったのが残念ですが、スパムコメントは入ってこなくなりました。

投稿: YUKI | 2007年4月 8日 (日) 15:00

う===ん、ますます不可解??
この一週間のコメントの様子を見ていると

>海外のプロバイダー全部なのか、地域によるのかよくわからないんですが

に関しては、全部ではないです。アメリカからのコメントは、ウチの場合とりあえずOKです。その辺のことを、TAROさんの記事を引用させて頂きつつ、私もまとめておきました。ちゃんとリンクしてTBしたのに、うまく行かないしーー;

なんか、こういう状態が長引くようだと、もしかしたら引越するかも。

投稿: ヴァランシエンヌ | 2007年4月 8日 (日) 21:40

keyakiさん、TBありがとうございます。

>記事の内容で、有効になったり無効になったりするものなのでしょうか。

どうも記事の内容のようです。
ココログの説明によると、スパムの可能性が高いものに認証を出すみたいなんです。でもそれがどんな規準なのかは発表されてないので、判りません。
何しろ本人のコメントにも認証が出てくるんです。しかも2回続けてコメントをつけても2回とも出てきたりします。勿論全くでないときもあります。何がなんだか。(全く出さないというのも選択できます。)

投稿: TARO | 2007年4月 9日 (月) 01:05

YUKIさん

多分、その自動投稿が大量に来て、サーバーを圧迫してるとおもうんですよね。自動投稿だったら1箇所から発信してるわけですから、それだけ選択してブロック可能じゃないかと、素人考えでは思うわけですが・・・。
それにしてもコメントの制限は本当に困ります。
ソネットもライヴドアも着々とカービス改善に乗り出してるのに、ほんとにココログときたら・・・

投稿: TARO | 2007年4月 9日 (月) 01:08

ヴァランシエンヌさん

>アメリカからのコメントは、ウチの場合とりあえずOKです。

以前ガンガン来てたのはTBもコメントもほとんどが英語のスパムなんだから、アメリカからのが多いような気がしますけど、どうなっちゃってるんでしょうね?

>ちゃんとリンクしてTBしたのに、うまく行かないしーー;

今回のメンテで、すごく変になりましたよね。
名前欄に自分の名前が残らなくなったし。
ためしに、この記事をこちらからTBしてみますね。

投稿: TARO | 2007年4月 9日 (月) 01:16

ココログの画像認証システム表示の設定はは3種類あって、
1.スパムの疑いのあるコメントに対して表示
2.すべてのコメントに対して表示
3.しない

とあるようですが、TAROさんは1に設定しているんですよね。
私のコメントに対しても出たり出なかったり、どういうときに疑われているのかはわかりませんが。
スパム対策としては、2じゃないと意味がないでしょうし、ココログさんの設定がどうなっているのかわかりませんが、いつも訪問してコメントを書いている人に対して、だすのは、とってもおかしいと思います。
だから、画像認証システムを有効にするか、しないかの2種類でいいんじゃないでしょうか。

投稿: keyaki | 2007年4月 9日 (月) 14:17

keyakiさん

ココログの場合、たしか全てに出すというのは選択できなかったような気が。システム側で勝手に選別するので、お客様が設定する必要はありませんとかなんとか、FAQには書いてあります。
しかも本人がコメントを書いたときに認証が出てくると、特にメンテナンス直後は必ずと言っていいほど2回に1回はダブって投稿されてしまうんです。何故そうなるのかも不明だし、解決方法も提示されていません。ヴァランシエンヌさんも前に困ってたはず。

投稿: TARO | 2007年4月 9日 (月) 17:03

>ヴァランシエンヌさんも前に困ってたはず。

はい。困りますよねぇ。

>ココログの場合、たしか全てに出すというのは選択できなかったような気が。

管理画面 ⇒ 設定の変更 ⇒ コメント/トラックバック とクリックしていくと、選ぶことができます。

私も「1.スパムの疑いのあるコメントに対して表示」を選んでます。とりあえずシステム側のほうで選別してもらえば、まあいいかなって。
コメントのほうはそれでも一応効果があるみたいで、あまりスパムがつかないんですけど、問題はTBですよね。

私のほうからのTBもうまく行かないことが多いですし(ソネットとの相性はここんとこ最悪ーー;と思ってたら、TAROさんちにもうまく行かなかったし…)

最近はアメリカ時代に書いた古い記事にスパムがつくようになってきたので、そっちだけでも別の所に移行させようかな、とか、いやいや、こんなところはすっぱりと見限って、新しい記事こそ別の所へ…とか、一日中考えていました(^^;

投稿: ヴァランシエンヌ | 2007年4月 9日 (月) 18:13

えぇ、だって、ちゃんとココログの使い方の説明に書いてありますよ。できないことをできるって言ってはいけませんよね。
ここここここにありますよん。
http://support.cocolog-nifty.com/howto/2006/03/post_6c89.html

投稿: keyaki | 2007年4月 9日 (月) 20:32

ヴァランシエンヌさん

あ、出来たんですね。でもどっちにしても自分のに認証することになって、その場合二重、三重に投稿されちゃったりするので、かえって面倒なんですよね。だったら漏れて入ってきたスパム・コメントを削除する方がまだ楽。

keyakiさん

あれ変ですねえ。さっき見たときには見えなかったんですが。

>ここここここ

そんな引っ張らなくても・・・

投稿: TARO | 2007年4月 9日 (月) 23:00

ご無沙汰しております。状況は変わらないようです。欧州からはコメント制限で弾かれるようです。またPROXYでも駄目ですので、ほとんど検閲に近いものですね。

しかし今時、ネット鎖国とは恐れ入ります。こちらで教えて頂いた例のおまじないで今日は投稿しました。先ずはお礼まで。

レコ芸宇野流本家のお話も続きを含めて楽しみにしております。

投稿: pfaelzerwein | 2007年6月14日 (木) 15:45

pfaelzerweinさん、ご無沙汰しております。

いやあ全くniftyは何を考えているのやら。先日もおさかな♪さん(在ベルリン)のコメントが駄目で、メールで送っていただきました。

>ほとんど検閲に近いものですね。

まったくです。このように恣意的に規制することが許されるのなら、たとえば中国や韓国からのコメントを制限するなどということも簡単に出来てしまうわけで(今回はそれでは裏があるとかんぐられるので、ヨーロッパを規制してるのかもしれませんが)、プロバイダーが政治的な目的を持って、なんらかの規制を加えるなんていう恐れも絶対にありえないとは言えないかもと・・・。う~ん。

>レコ芸宇野流本家

やはり宇神さんは、小説の中でも、実在した音楽家のことについて書いているときが、一番生き生きとしてるようです。

投稿: TARO | 2007年6月15日 (金) 01:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/14593433

この記事へのトラックバック一覧です: ココログのアクセス制限、解決は道のり遠い?:

» 優れもの!TBブロック機能 [ keyakiのメモ、メモ...]
 このところ、ソネットブログが、いろいろ進化発展をしています。音声ファイルが記事中にアップできるようになったり、管理画面の操作性の向上とか、いろいろありますが、その中でも新たに追加されたTBブロック機能、これは、非常に優れた機能で、TB本来の目的に即したものと考えられます。次のような機能です。★記事へのリンクがないトラックバックブロック:トラックバック元に記事へのリンクがないトラックバックを拒否するかどうかの設定で、有効無効の設定は管理者が行うものです。 最近は、新規の記事を投稿すると同時に、あっ... [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 13:25

« 仙台で桜の開花 | トップページ | シバの女王(後) ~名画と名曲・58 »