« アメリカ映画トップ100 | トップページ | On Golden Pond »

2007年6月23日 (土)

アメリカ映画トップ100(後)

20070623afi(続き)
51 ウエスト・サイド物語(ジェローム・ロビンス&ロバート・ワイズ監督) 1961
52 タクシー・ドライバー(マーティン・スコセッシ監督) 1976
53 ディア・ハンター(マイケル・チミノ監督) 1978
54 M*A*S*Hマッシュ(ロバート・アルトマン監督) 1970
55 北北西に進路をとれ(アルフレッド・ヒッチコック監督) 1959
56 ジョーズ(スティーヴン・スピルバーグ監督) 1975
57 ロッキー(ジョン・G・アビルドセン監督) 1976
58 チャップリンの黄金狂時代(チャールズ・チャップリン監督) 1925
59 ナッシュビル(ロバート・アルトマン監督) 1975
60 我輩はカモである(レオ・マッケリー監督) 1933

61 サリヴァンの旅(プレストン・スタージェス監督) 1941
62 アメリカン・グラフィティ(ジョージ・ルーカス監督) 1973
63 キャバレー(ボブ・フォッシー監督) 1972
64 ネットワーク(シドニー・ルメット監督) 1976
65 アフリカの女王(ジョン・ヒューストン監督) 1951
66 レイダース/失われたアーク<<聖櫃>> (スティーヴン・スピルバーグ監督)1981
67 バージニア・ウルフなんか怖くない(マイク・ニコルズ監督) 1966
68 許されざる者(クリント・イーストウッド監督) 1992
69 トッツィー(シドニー・ポラック監督) 1982
70 時計じかけのオレンジ(スタンリー・キューブリック監督) 1971

71 プライベート・ライアン(スティーヴン・スピルバーグ監督) 1998
72 ショーシャンクの空に(フランク・ダラポン監督) 1994
73 明日に向って撃て!(ジョージ・ロイ・ヒル監督) 1969
74 羊たちの沈黙(ジョナサン・デミ監督) 1991
75 夜の大捜査線(ノーマン・ジュイスン監督) 1967
76 フォレスト・ガンプ/一期一会(ロバート・ゼメキス監督) 1994
77 大統領の陰謀(アラン・J・パクラ監督) 1976
78 モダン・タイムス(チャールズ・チャップリン監督) 1936
79 ワイルド・バンチ(サム・ペキンパー監督) 1969
80 アパートの鍵貸します(ビリー・ワイルダー監督) 1960

81 スパルタカス(スタンリー・キューブリック監督) 1960
82 サンライズ(F・W・ムルナウ監督) 1927
83 タイタニック(ジェイムズ・キャメロン監督) 1997
84 イージー・ラーダー(デニス・ホッパー監督) 1969
85 マルクス兄弟オペラは踊る(サム・ウッド監督) 1935
86 プラトーン(オリヴァー・ストーン監督) 1986
87 十二人の怒れる男(シドニー・ルメット監督) 1957
88 赤ちゃん教育(ハワード・ホークス監督) 1938
89 シックス・センス(M・ナイト・シャマラン監督) 1999
90 有頂天時代(ジョージ・スティーヴンス監督) 1936

91 ソフィーの選択(アラン・J・パクラ監督) 1982
92 グッドフェローズ(マーティン・スコセッシ監督) 1990
93 フレンチ・コネクション(ウィリアム・フリードキン監督) 1971
94 パルプ・フィクション(クウェンティン・タランティーノ監督) 1994
95 ラスト・ショー(ピーター・ボグダノヴィッチ監督) 1971
96 ドッゥ・ザ・ライト・シング(スパイク・リー監督) 1989
97 ブレード・ランナー(リドリー・スコット監督) 1982
98 ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ(マイケル・カーティス監督) 1942
99 トイ・ストーリー(ジョン・ラセター監督、アニメ) 1995
100 ベン・ハー(ウィリアム・ワイラー監督) 1959

いまいち面白みに欠ける感じでしょうか。
映画人や批評家の投票によるだけあって、名人芸的職人芸が高く評価される傾向にありますね。

100年の、という条件だと必然的にそうなるのかもしれませんが、最近の作品がほとんど無いというのも少々意外な感じが。

コッポラ、ルーカス、スピルバーグ、スコセッシの4人組みが、ほとんどの代表作を送り込んでいるのにたいして、よく映画祭で受賞する個性派や芸術派の監督たちはかなり冷遇です。タランティーノは1本、ガス・ヴァン・サントとリンチ、ソダーバーグはゼロ。ウディ・アレンもクリント・イーストウッドも1本だけ。

日本で同種のアンケートを実施したら、必ず入ると思われる「駅馬車」「荒野の決闘」「わが谷は緑なりき」「チャップリンの独裁者」「ライムライト」「エデンの東」「ローマの休日」「ドクトル・ジバゴ」「アマデウス」あたりがもれているのが目立ちます。
「ライムライト」の場合は、一応アメリカ映画ではありますがチャップリンがイギリスに帰ってから発表した作品ですから、アメリカ人は自国の映画として考えにくいのかもしれませんが。

|

« アメリカ映画トップ100 | トップページ | On Golden Pond »

コメント

順番に意味があるのかしら。
100番が、ベン・ハーですか。最後は目立っていいですね。

これって、監督がアメリカ人だとアメリカ映画ってことですか。

投稿: keyaki | 2007年6月24日 (日) 12:46

keyakiさん

あ、すみません。ちょっと紛らわしい書きかたをしてしまいましたが、これは投票数の多い順番ですので、完全に1位から100位までの順位です。「市民ケーン」がアメリカ映画100年のベストワンということです。

>監督がアメリカ人だとアメリカ映画

ではなくて、製作会社がアメリカの会社だとアメリカ映画ということになっちゃうんです。
たとえば「アラビアのロレンス」は監督もスタッフも主要出演者もほとんどイギリス人ですが、製作がアメリカのコロムビア映画だったので、アメリカ映画に入ります。
同じくイギリス人監督のリドリー・スコットやジョン・シュレジンジャーなども作品によってイギリス映画だったりアメリカ映画だったりします。最近は各国の共同制作が増えてきたので、一概に○○映画と決め付けられなくなりつつありますね。

投稿: TARO | 2007年6月24日 (日) 13:10

いくつ見てるかと数えてみました。はっきり覚えているものだけで、35でした。映画館で見たのはほとんどないですねぇ・・ベン・ハー、アラビアのロレンス、サウンド・オブ・ミュージックぐらいかしら。

投稿: edc | 2007年6月25日 (月) 21:41

euridiceさん

映画館で見たもので、71本でした。
たぶん好きな人は100本全部見てますよね。
若い人でもビデオ込みだと100本という人も多いかも。

>ベン・ハー、アラビアのロレンス、サウンド・オブ・ミュージック

それはまた驚きの少なさです!
あまり映画は劇場では見ないか、それとも基本的にヨーロッパ映画志向とか?

投稿: TARO | 2007年6月25日 (月) 22:33

題を覚えていないのも少なくなさそう・・それに
>基本的にヨーロッパ映画志向
というほどではないと思いますけど、アメリカ映画好きってわけでもないです。いくらなんでも映画館は三本ってこともない(しかもこの三本って中高時代のものばっかり^^;)し、レンタルビデオは山ほど見てるのに、この中にはそれほどないみたいなのは、やっぱりアメリカ映画はあまり見てないのかもしれません。

投稿: edc | 2007年6月25日 (月) 23:15

euridiceさん

そうですよね、3本ってことはないですよね。
「ベン・ハー」から「サウンド・オブ・ミュージック」までの時期というと、ヨーロッパ映画はヌーヴェル・ヴァーグの時期。
俳優だとアラン・ドロンやジャン=ポール・ベルモンド、マルチェロ・マストロヤンニなどが人気を集めた時代ですから、ヨーロッパ映画は今よりもずっと一般的人気を集めてたみたいですね。私が映画を見だしたのは「サウンド・・・」以降ですので、その時代の映画興行の様子を知ってるわけではないんですが。

あと日本ではオードリー・ヘップバーンが大人気で、この時期だと「ティファニーで朝食を」「シャレード」「マイ・フェア・レディ」なんかがいずれもヒットしましたが、このトップ100には入ってませんね。というかオードリーの映画は1本も入ってないですね。え~~~!?

投稿: TARO | 2007年6月26日 (火) 02:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/15537281

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ映画トップ100(後):

» 1982年の映画(DVD) [中年映画館]
■アカデミー賞★作品賞:ガンジー 監督:リチャード・アッテンボロー※非暴力主義を唱え、インドを独立へと導いたマハトマ・ガンジー(ベン・キングスレー)の生涯を描いた伝記映画。インドの大地をとらえた映像も素晴らしい。ラヴィ・シャンカールの音楽も映像とマッチして魅力的だ。★監督賞:リチャード・アッテンボロー「ガンジー」※リチャード・アッテンボローは、1923年8月29日イギリスのイングランド・ケンブリッジ生まれ。映画監督・映画プロデューサー・俳優。ロンドンの王立演劇学校で学び、19...... [続きを読む]

受信: 2007年9月23日 (日) 12:41

« アメリカ映画トップ100 | トップページ | On Golden Pond »