« 「あるスキャンダルの覚え書き」 | トップページ | クレスパンも! »

2007年7月 5日 (木)

「吉田秀和の軌跡」の補遺

20070705yoshidajp新潮社から出版されている季刊の雑誌「考える人」の、いま店頭に並んでいる夏号はクラシック音楽特集。

この中でNHK教育テレビで放送された、吉田秀和さんへの堀江敏幸さんのインタビューが、放送ではカットされている部分も含めて全文掲載されています。

大変に興味深いもので、やはり全文読むと放送よりも断然判りやすく、理解しやすいものになるようです。また放送ではサラッと流れてしまった部分も、活字で読むと、あらためて考えさせられたりします。

この号にはアンナー・ビルスマへのインタビューも載っています。まだ読んでいませんが、こちらの内容も興味を呼ぶものになっていそうです。それに写真が美しく、ビルスマ邸の庭の池を写した写真が見れるんですが、これがなんというか印象派風。ビルスマの意外な一面のような気が、私にはいたしました。

表紙もビルスマで、音楽雑誌じゃない一般雑誌の表紙に、アンナー・ビルスマの写真がでかでかと載ることがあろうとは、想像だにしませんでした。

このところ一般雑誌がクラシック音楽特集を組むことが、増えてるような気がします。なぜなんでしょうね?

なお画像の背景の海の夕陽は、Freepictフリーピクト様からお借りしました。

|

« 「あるスキャンダルの覚え書き」 | トップページ | クレスパンも! »

コメント

けっこういいお値段なので立ち読みで済まそうと思ったんですが
近所の本屋さんには置いてありませんでした。田舎だから需要ないのかしら…?
ネット購入に慣れてしまうと本屋さんでお目当ての本を探す作業が面倒になります。
かといって、小心者だから気軽に店員に尋ねられないのが困ったところ…。

今日の午前10時よりBSのアンコール放送枠でETV特集が再放送されるようです。
再放送の要望が多かったのでしょうか。

投稿: ayame | 2007年7月 8日 (日) 01:59

ayameさん

テレビだとどうしてもサラッと聞き流してしまうことがありますし、「あれ、今なんか重要そうなことを言ったみたいだぞ?」とか思っても、時間は元に戻せないので、こういう番組ほど再放送の要望は多いかもしれませんね。
(私の場合は吉田さんのほとんどの著作は読んでるので、映像によってそれらを確認したというに過ぎないのですが。)

「考える人」は季刊だから小さな書店とかには、なかなか出ないかも知れないですね。でも出たばかりですから(しかも季刊)、大都市の大手書店ならしばらくはあると思いますよ。

>小心者だから気軽に店員に尋ねられないのが困ったところ…。

そ、そんな(笑)。いくらなんでも、そのぐらい尋ねましょうよ。

投稿: TARO | 2007年7月 8日 (日) 21:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/15665496

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉田秀和の軌跡」の補遺:

« 「あるスキャンダルの覚え書き」 | トップページ | クレスパンも! »