« 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」 | トップページ | 海のSOS »

2007年7月13日 (金)

「フェルメール殺人事件」 エイプリル・ヘンリー

20070713henryjpフェルメール殺人事件などという安易な題名。なのにフェルメールとはなんの関係も無い表紙絵(この項の最下行を参照)。
「魅力的な男性二人の間でとまどうクレアだが・・・」お前はハーレクイン・ロマンスかと突っ込みたくなるような宣伝文句。
まったく講談社はこの本を売る気あるのか、という感じがしますが、最初の頁を開くと――

「錯乱円=サークルズ・オブ・コンフュージョン

レンズの収差や焦点が合わないためにフィルム上にあらわれるぼんやりした円状の像のこと。初期のカメラで、像を上下逆に映すピンホールカメラによって生じる。技法の特徴からしてフェルメールは、そのカメラのぼんやりした性質をつかったと思われる。彼の作品の多くに"錯乱円"の技法が見られる。」

Circles of Confusion というのが、この作品の原題。
初めはいまいち乗れないけれど、ネタ不足の折、フェルメールの名前がついてるから、とりあえず読んでみますか、――と言う感じで読み出した訳ですが、この最初の頁でちょっと興味をひかれました。

期待したのはピンホール・カメラとフェルメールの関係だったんですが、残念ながらそちらの展開はほとんど無し。(ちなみにフェルメールは初期のカメラであるカメラ・オプスクラを使ったのではないかとも推測されていて、「デルフト眺望」などにその影響を見る人もいます。)
美術がらみでも新しい知識を仕入れることが出来るとか、作者の斬新な意見を読むことが出来るとかいうことも、まるでありません。
で、そちらの期待は満たされなかったんですが、意外!この本、面白いのです。

その最大の理由は、ヒロインが非常に上手く描けてること。
まずオレゴン州で自動車局に勤め、ナンバー・プレートの審査をしているという設定がユニーク。日本は記号と番号だけですが、アメリカはアルファベットの組み合わせに出来るんですね。で、なにがしかのお金を払えば、好きな言葉を車のナンバープレートにつけられるみたいです。主人公クレアの仕事は申請のあった文字列が卑猥な意味を持ってたり、反社会的な単語になってたりしないかを審査するもの。

そんな、世にも地味~な職業についている平凡な女性が、なぜにフェルメールが関係する殺人事件に??――ということで続きは、小説の方でどうぞ。

あと戦時中の美術にかかわる話が出てくるんですが、そういう時は大体ナチスの問題だけが取り沙汰されるのがパターンで、戦後にドイツに駐留したアメリカ軍の悪行にスポットをあててるのは、珍しいんじゃないでしょうか。

ただし、この作品が面白いのは、あくまでもロマンティック・サスペンスとしてであって、本格美術ミステリーとしてはさっぱりなので、そっちは期待なさらぬよう。
ん?つまり講談社の売り方で正解ってこと・・・?

|

« 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」 | トップページ | 海のSOS »

コメント

アメリカでナンバープレート、色々なもの組み合わせありました。また州ごとにナンバープレートのデザインが違うから、遠くの州から来ている人がいると、結構、皆、一目を引くらしく、駐車場で見学(?)したりしてました。 TAROさんの解説読んだけど、今は本を読む気分になれなくて、触手が伸びそうにないけど、書名だけは手帳にメモしておきます。

投稿: Bello | 2007年7月14日 (土) 06:31

Belloさん

>州ごとにナンバープレートのデザインが違う

ググってみたら、出てきました。各州のナンバープレートのデザインを載せたサイト。
凄いですねえ。ジョージア州のを見たら、アトランタ・オリンピック記念のプレートもありました。フロリダ州にはスペースシャトル「チャレンジャー」追悼のプレートも!
http://home.h07.itscom.net/antelope/

これなら確かに駐車場で見て回るの、楽しそうです。

投稿: TARO | 2007年7月14日 (土) 13:50

僕の子供の時には州に1種類しかなかったけど、今は何種類もあるのでびっくり。 サイトの紹介ありがとうございました。

投稿: | 2007年7月15日 (日) 23:38

Belloさん(ですよね?)

本当に驚きましたねぇ。ヴァラエティに富んでて。
日本はせいぜい軽自動車の黄色とか営業車の黒や緑ぐらいで、つまらないですが、でもある意味では日本人の国民性とか、美意識とかを表してるとも見れるかもしれませんね。

投稿: TARO | 2007年7月16日 (月) 00:29

すみません。名前を入れなくてもコメントかけるんですね。確かに私が書きました!

投稿: Bello | 2007年7月16日 (月) 17:44

Belloさん

本当は名前を必須にしたいんですが、ココログの場合何故か
A)名前もメアドも入れても入れなくてもOK
B)名前とメアドを必ず入れる

の二通りの中から選択しなくてはならないんです。
本当は「メアドは不要だが名前は必須」というのが欲しいんですが。

投稿: TARO | 2007年7月16日 (月) 21:43

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/15748676

この記事へのトラックバック一覧です: 「フェルメール殺人事件」 エイプリル・ヘンリー:

« 「ロストロポーヴィチ 人生の祭典」 | トップページ | 海のSOS »