« 「ボルベール<帰郷>」(後) | トップページ | Vistaは2000にも負けてる! ~ニュースの落穂拾い Watch What Happens »

2007年7月23日 (月)

あ、安倍ちゃんたら・・・ ニュースの落穂拾い Watch What Happens

20070723hirosedorijp小池百合子防衛相は佐賀県での参議院選挙の応援演説で、

「社会保険庁の労働組合について『年金の仕事をせず、支持する野党の選挙応援をしゃかりきにやってきた』と批判。『年金問題で混乱すればするほど、日本をガタガタにしようという彼らの目標に近づき、運動は成功を収めるという、まさに自爆テロという話になる』と述べた。
 さらに『親方日の丸に守られながら、日の丸が大嫌いな労働組合ときている。おかしな話だ』とも語った。」(西日本新聞

防衛大臣が軽々しく「自爆テロ」なんて言葉をつかうというところに、自覚の無さが現れていますが、それにしてもさすがに権力にすりよって次々と政党を渡り歩いてきた××じゃなくて才女。下品さにもどんどん磨きがかかってきた感じ。

そもそも年金問題で、こんなこと喋ってていいんでしょうか?それどころじゃないような気がするのです。
これは明日24日の読売の記事ということになりますが、

「厚生年金と国民年金の保険料計約1兆4000億円を投じて建設されながら、廃止・売却が決まった年金福祉施設計412物件の資産価値が約2000億円に過ぎないことが、厚生労働省所管の独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」(RFO)の鑑定結果でわかった。

このうち、4分の1の102物件が今月中旬までに売却されたものの、総額は約400億円にとどまっている。売却期限まであと3年余。売却益は、年金特別会計に繰り入れられるが、すべてを売却できたとしても、1兆円以上が回収できない見通しだ。

厚労省の内部資料によると、1945~2005年度に国民が支払った年金保険料のうち、約6兆4000億円が年金給付以外に使われた。このうち、厚生年金分の約1兆1700億円、国民年金分の約2300億円の計約1兆4000億円が年金福祉施設の建設・整備に充てられた。」(YOMIURI ONLINE

これだけのお金が誰もこない施設の建設に費やされ、ろくに回収もできなかったんだから、うやむやにしたくもなるんでしょうか・・・。グリーンピアの利権に群がった政治家や高級官僚がいたんじゃないのか?そんな問題を棚上げにして、労働組合批判をしているのは防衛大臣と2ちゃんねるのネトウヨぐらい。小池さんネトウヨ並みまで堕ちていいのかしらん?

そういえば亀田八百長疑惑の時、上村愛子のブログはあれほど非難されたのに、亀田と並んで写真を撮り、とても礼儀正しい青年とか誉め称えていた小池氏が何の非難もされなかったのは、チャネラーが共感するものが彼女の中にあるのかも。


とまあ、ここまでは前座です。

世の中これほど緊迫し、小池防衛相までがなんだか全てをかなぐり捨ててしゃかりきなのに――

「『改革実行力があるのは私たち自民党と、そして民主党であります』――。安倍晋三首相が23日、長崎市内の街頭演説で連立パートナーを公明党でなく、民主党と言い間違える一幕があった。」(NIKKEI NET

あ、安倍ちゃんったら・・・

写真:仙台市内ですが、もう梅雨明けでもいいような・・・

|

« 「ボルベール<帰郷>」(後) | トップページ | Vistaは2000にも負けてる! ~ニュースの落穂拾い Watch What Happens »

コメント

やっぱりそうなんだ・・ 

投稿: edc | 2007年7月24日 (火) 07:35

euridiceさん

もう目が離せません。ブッシュを超えたかも。

投稿: TARO | 2007年7月24日 (火) 13:57

下品な発言との評価はごもっともです。

ネット上でちらちらと見る限り、政権中枢で頻発する醜聞言動は、どうもこうした政治文化に深く根ざしているようです。

上の場合でも、官僚や準・公務員や組合を血祭りに上げて目先を変えようとする戦略のようですが、その主張を真っ向から批判して実効性や合理性から看破するのではなく、ただ相手の言動を論い叩くアジ演説になっていますね。出来ないことをあたかも出来るように主張するポピュリスト的な演説に、相手を罵倒愚弄する内容がこうして加えられるのです。

すると、ババアとかなんとかが日常茶飯に使われるようになる。見下しを加えることで、ざっくばらんに発言者や賛同者を持ち上げる働きが生まれる。これは、一度話題となった敬語文化の否定的な面でもあると思うのですが、何よりも具合が悪いのは異なった意見を論破する以前にその発言対象に批判が向けられることでしょう。

こうした政敵をも尊重しない政治風土が、二大政党制の基礎を形成するかどうか、大変疑わしい。そして何よりも、こうした政治的言動は選挙民を馬鹿にしているようにしか思えないのです。

「おかしな話だ」と捨て台詞を吐く限り、政治家には無理ですね。それ以上することが無い訳ですから。

投稿: pfaelzerwein | 2007年7月24日 (火) 15:58

pfaelzerweinさん

昨日夜から今日の午後3時まで、ココログのメンテナンスで投稿できませんでした。レスが遅くなって失礼しました。

本当にニュースや新聞を見るたびに、少なくとも2日おきくらいには、「いまの内閣のメンバーはどうなっているのか」と思わずにはいられません。

>見下しを加えることで、ざっくばらんに発言者や賛同者を持ち上げる働きが生まれる。これは、一度話題となった敬語文化の否定的な面でもあると思うのですが、何よりも具合が悪いのは異なった意見を論破する以前にその発言対象に批判が向けられることでしょう。

ああ、なるほど。そういうことなんですねぇ。
ご指摘のような風潮は、ネットの巨大BBS等にもあふれていますが、閣僚や有力政治家がそうしたやり方でしか国民に訴えられないというのは、なにがどうなっているのでしょうね。
知性の問題のようにも思えますが、あるいはそうではなくて、なにかファナティックな「見下し症候群」のようなものが流行しているのかも・・・。

投稿: TARO | 2007年7月25日 (水) 19:21

>見下しを加えることで、ざっくばらんに発言者や賛同者を持ち上げる働きが生まれる
>「見下し症候群」
いつの時代にも多かれ少なかれあったものかもしれませんが、メディアの発達で、広まりやすくなっているのかもしれません。

外務大臣がもののたとえに「アルツハイマーの人でもわかる」と発言し、聴衆、多分支持者が同調して笑ったという記事を目にしました。無意識のうちにしろ、日常的に、他を見下すことで自己をやっと保てるという状況になってきているようで、やっぱり薄ら寒いです。

投稿: edc | 2007年7月25日 (水) 20:46

euridiceさん

>無意識のうちにしろ、日常的に、他を見下すことで自己をやっと保てるという状況になってきているようで、やっぱり薄ら寒いです。

そうかぁ・・・見下すことで、やっと自己を保てるということなんですねえ。まさに薄ら寒いという言い方がピッタリ。

見下すことによって自分が上位の人間になったという勘違いは、昔から学歴自慢などにも見られますが、そういうのとも少し違ってますよね。荒み具合が。

差別推奨サイトが花盛りなのを見ると、本当に薄ら寒く・・・
差別的な感情というのは、かりに持っても、堂々と表に出してはいけないものであり、克服しなければならないというような倫理観はなくなってしまったのでしょうか。

しかも在日の問題とか、この人たちは自分が見下してる人々が、一部・一面的にせよ特権を享受しているとなると、烈火のごとく非難を始めるわけで・・・
あ~本当に不気味。

投稿: TARO | 2007年7月26日 (木) 01:07

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/15862057

この記事へのトラックバック一覧です: あ、安倍ちゃんたら・・・ ニュースの落穂拾い Watch What Happens:

« 「ボルベール<帰郷>」(後) | トップページ | Vistaは2000にも負けてる! ~ニュースの落穂拾い Watch What Happens »