« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月27日 (火)

シドニー・ポラック監督が死去

20080527pollackjpシドニー・ポラック監督が亡くなられたそうです。

シドニー・ポラックさん73歳(米映画監督、俳優)AP通信によると、26日、がんのためロサンゼルス市郊外の自宅で死去。

 85年の「愛と哀しみの果て」でアカデミー監督賞を受賞したほか、「ひとりぼっちの青春」(69年)や「トッツィー」( 82年)もアカデミー賞各賞にノミネートされた。(ネットニュース

ポラック監督は1934年、インディアナ州ラファイエットの生まれ。最初俳優を目指していましたが、テレビ出演中にフランケンハイマーと知り合うことでハリウッドへの道が開けます。テレビの監督を経て1965年に「いのちの紐」で映画監督デビュー。

この作品は私は見逃してるんですが、自殺しようとして『命の電話』に最後の電話をかけてくるアン・バンクロフトと、その電話を受けた学生アルバイトのシドニー・ポワチエという組み合わせの息詰まるドラマだったようです。公開時に「暮らしの手帖」に古谷綱正さんが批評を書いていたのを覚えています。

続いてレッドフォードとナタリー・ウッドの「雨のニューオーリンズ」をへて、アカデミー賞に大量ノミネートされたジェイン・フォンダ主演の「ひとりぼっちの青春」で一流の監督として認められるようになります。

ポラックの映画は社会派的側面とメロドラマを巧みに組み合わせた上質な娯楽作で、そのようなポラック作品の特質が完全に花開いたのが、アカデミー賞を受賞した「愛と哀しみの果て」と言えるでしょうか。

しかし、これは私だけではないと思うんですが、ポラックの代表作を一つ挙げろといわれたら、これはもう「愛と哀しみの果て」でも「トッツィー」でも「スクープ・悪意の不在」でも「ひとりぼっちの青春」でもなく、やはりバーブラの「追憶」ということになるんじゃないでしょうか。興行収入については知りませんが、もっとも多くの人々の支持を得た作品はやはりこれなんじゃないかと思います。

この「追憶」(1973)は甘美なメロドラマとしても秀逸ですが、ハリウッド映画が赤狩りを取り上げたという点でも画期的な作品でした。
もちろんすでに60年代後半には追放された人々も本名でハリウッドに復帰し、69年にはエイブラム・ポロンスキーが、71年にはダルトン・トランボが自身の監督作を発表、チャップリンも71年にアカデミー賞の名誉賞を受賞、72年にはさらにアカデミー作曲賞受賞という形で復権を果たしており、赤狩りを描いた映画が出てくることは時間の問題だったという見方も出来ますが。
(デ・ニーロの「真実の瞬間」(1991)のようなストレートな赤狩り批判の映画が出てくるまでには、さらに18年かかるわけで、ハリウッドの傷の深さが判ります。)

「追憶」はバーブラが演じる女性像なども、いかにも70年代の女性像という感じで、ポラックの全盛期とバーブラ、レッドフォード両人が最も輝いていた時期が重なったのは、まことに幸運だったといえるのかもしれません。

ポラックは「愛と哀しみの果て」でアカデミー監督賞を受賞して以後は、どうやら力量に衰えが見られることが多くなったらしく、「ハバナ」「サブリナ」「ザ・インタープリター」など批評の面でも興行的にもいまいちだったようです。私自身は見てないのでわからないのですが。
80年代後半以降の中ではトム・クルーズの「ザ・ファーム/法律事務所」がヒットはしたようです。

ポラックは俳優としても活躍し、キューブリックの「アイズ・ワイド・シャット」から最近の「フィクサー」まで、話題作に出演していて、この後も7月公開の「近距離恋愛」という作品が控えてるようです。

ロイターによれば、ガンが発見されたのは10ヶ月前とのことで、闘病の末に現地時間の昨日午後5時ごろ、ロサンゼルス郊外の自宅で家族に見守られて息をひきとったとのことです。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2008年5月10日 (土)

OS管理領域外のメモリをRAMディスクとして使う

20080510catsjp いま2ちゃんねるのWindows板やPC自作板を中心に、いわゆる祭り状態になっている話題があります。それが表題のネタ。

詳しい方は見ただけで「それは無理」と思われるでしょうし、詳しくない方はタイトルだけで「何のこっちゃ」と思われるかと思います。またWindowsの話なので、マックとLinuxには関係ありません。
しかも知識の有無にかかわらず、これ、まずほとんどの人にはメリットないですので、特別に興味・関心のある方以外はスルーして下さい。

というのも不親切な感じなので、ごく簡単に解説すると、私たちが普通使っている民生用のWindowsパソコンの場合、搭載されるメモリ容量には色々と制限があります。まずマザーボードで制限があり、最近の製品だとほとんどは4GBか8GBということになります。少数ですがもっと積める製品もありますし、また少し前の製品だと2Gとか、もっと古いものだと1Gとか512MBとかしか積めないということになります。

でOSの方でも制限があってWindowsXP、Vistaの場合、一般的に使われているもの(32bit)は4Gまでとなっています。それ以上は認識しません。それ以上、たとえば8Gなり16Gなり使おうと思ったら、あまり普及していない64bitのWindowsを使わなければなりません。

そこまではまだいいのですが、さらにそれに加えて、Windows(32bit)の場合はOSがメモリのアドレスのうちの一部を他の機能に割り当てるため、実際には3G~3.4G程度しか使えないという事態になっています。(技術的なことは詳しく説明できないので、すみませんがスルーして下さい。そもそも何故にWindowsだけ、こんな変な制限があるのかまるで理解できません。マックやLinuxは問題ないのに。)

つまり物理的には4GBのメモリを積んでいても(この場合BIOSレベルでは4Gを認識するがOSレベルでは3.4Gとか3.2Gとかになる)、実際には0.6G~1G程度がまったく使われずに無駄になっています。8G積んでいたら4.6G~5Gが無駄になっていたことになるのです。
この部分がもったいないので、RAMディスクとして使えないかというのは、自作マニアの願いでした。しかし何しろOSの管理領域外だったので、無理なこととあきらめていたわけです。

しかしまあ魅力はあるチャレンジなので、なんども2チャンの自作板などで、4G以上認識できるというネタが披露されてきました。全部ガセでした。

ところが――ついにあらわれたのです。Windowsが認識してない部分のメモリをRAMディスクとして使えるソフトが。中国(台湾かもしれません。中国語できないので、よくわかりません)で開発されたみたいですが、どうやら今度は本物のようです。
なぜOS管理領域外なのに使用できるのかは、私にはとても理解できませんので、どうぞ質問などしないで下さい。

問題はそこにRAMディスクを作って何をするかですが、普通は使い道がありませんのでおよそ意味がないと思います。キャッシュを置いたとしても電源落とすと消えてしまうので、その前にデータは手動で退避させなければなりませんから。
ただAdobeのフォトショップやアフター・イフェクツで重い画像・映像を扱っている人は(まさに私がそうなんですが)、TEMPをこのRAMディスクに設定すると素晴らしく早くなるのではないかと期待されます。あと私はよく知りませんがゲーマーにも有利らしいです。

システムを破壊する可能性が絶対に無いともいえないので、もしやろうとする方がいましたら 自 己 責 任 でお願いします。私は今は絶対にパソコンを壊せないので、もう少し暇になったらやります。

詳しくは下のURL(2ちゃんねるのスレッド)を175あたりから読んでいって下さい。527が特に重要。ダウンロードは420を参照。

http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/win/1208334590/

追記:RAMディスクの内容を自動でバックアップするフリーソフトが出ているようです。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se449025.html
チョー使えるって感じ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »