« 様々なブランデンブルク協奏曲(5)~思い出の名盤・29 | トップページ | When You Wish upon a Stone »

2011年5月21日 (土)

佐渡裕、ベルリン・フィルに登場!もちろんDCHにもデビュー

20110521_2ベルリン共同】欧州などで活躍する指揮者の佐渡裕さん(50)が20日、世界有数の名門オーケストラとして知られるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で初めて指揮し、会場を埋めた2千人以上の聴衆を魅了した。ベルリン・フィルを指揮したのは、これまで同楽団の音楽監督を務めたカラヤンら著名音楽家ばかり。近年で日本人としては恩師の小沢征爾さん(75)以来。

去年発表されて大きな話題をよんだ、指揮者佐渡裕のベルリン・フィルへのデビューがついに実現しました。曲目は武満とショスタコーヴィチ5番。大胆にも、知らない人はいないショスタコーヴィチ5番で勝負というのが凄いですね。

この共同の記事、「ベルリン・フィルを指揮したのは、これまで同楽団の音楽監督を務めたカラヤンら著名音楽家ばかり。」という一文がなんだか変じゃないでしょうか?まるで5~6人しか振ってないような感じ。だいたい亡くなってから20年以上もたつのに、カラヤンって・・・。

ということで次は読売から引用します。

佐渡さんは公演後の記者会見で「10歳の時からの夢だったベルリン・フィルの指揮台に立てて本当に幸せ」と流れる汗をぬぐいながら達成感をかみしめていた。

 佐渡さんは公演に東日本大震災への思いも込めた。「震災後はスコア(楽譜)が違って見えるような気がする。美しいハーモニーも、白黒写真のように感じられた」という。音楽家として何が出来るかを考えてきたと言い、「少しずつでも、長い期間、被災地を支援したい」と述べた。今回の公演を収録したCDとDVDの印税は、被災者への義援金に充てると表明した。

「美しいハーモニーも白黒写真のように感じられた」という言葉が興味深いですね。どういう事なんでしょう?単純に音楽というものが色あせてということではないでしょうから、何か深い意味がありそうな気がします。

この記事によればCDとDVDも発売されるみたいですが、そんなの待ってられないというファンの方のためには、ベルリン・フィルのDCHがあります。

DHCではありません。DCHはデジタル・コンサート・ホールで、HD画質でベルリン・フィルのコンサート・ライヴを見れるもの。ただし有料でクレジット・カードもしくはPayPalでの支払いが必要です。

佐渡さんの回はベルリン時間の5月22日20時からライヴ中継とのこと。その後オン・デマンドにもでるはずです。詳しくはこちらをご参照ください。

現時点ではほんのちょっとですがリハーサル風景を見ることが出来、ファンには貴重かも。

|

« 様々なブランデンブルク協奏曲(5)~思い出の名盤・29 | トップページ | When You Wish upon a Stone »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/51731947

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡裕、ベルリン・フィルに登場!もちろんDCHにもデビュー:

« 様々なブランデンブルク協奏曲(5)~思い出の名盤・29 | トップページ | When You Wish upon a Stone »