« もしやこれもPTSD | トップページ | 「つづれおり」キャロル・キング~思い出の名盤・32 »

2011年6月21日 (火)

東北も梅雨入り★レディ・ブラント12億円で落札

20110621 気象庁は今日、東北地方の梅雨入りを発表しました。

北部で平年より7日、昨年より5日遅く、南部で平年より9日、昨年より7日遅い。前線が北上している影響で、今後1週間、曇りや雨の日が多くなる見込み。23日以降は大雨になる地域もあるという。
(毎日新聞

とのことです。
南部で平年より9日遅いというのが意外です。だと平年の梅雨入りは12日ということになりますよね。

東北の梅雨入りはいつも関東より1週間から10日遅いような気がしてました。年によっては7月梅雨入り、8月に入ってようやく梅雨明けなんてのも、珍しくないような気がしていたのですが・・・

日本音楽財団が東日本大震災の支援のために、イギリスでオークションにかけていたストラディヴァリウスの銘器「レディ・ブラントが」約12億7000万円で落札されました。
この金額はこれまでオークションで販売されたヴァイオリンの最高額の4倍以上に当たるそうです。

アントニオ・ストラディバリが1721年に製作したバイオリンが、オンラインオークションで980万ポンド(約12億7000万円)で落札された。
(中略)このバイオリンはかつての所有者だった英詩人、バイロン卿の孫娘の名前にちなんで「レディー・ブラント」と名付けられた。楽器を専門に競売を手掛けるタリシオが日本財団の代理人としてオークションを開催し、21日に落札された。
  これまでのオークションでのバイオリンの最高価格は、米バイオリニスト、アン・アキコ・マイヤース氏が昨年、タリシオがニューヨークで開いたオークションで1697年作のストラディバリウスを購入した際の360万ドル(約2億9000万円)だった。

(中略)119年の歴史を誇るロンドンのバイオリンディーラー、J&Aベアレのディレクター、スティーブン・スミス氏はオークション終了前に「大半の人々は個人ディーラーを通して売却したいと考えるため、オークションでは通常、世界の過去最高値は付かない。このバイオリンについては例外だ」と指摘。「これは素晴らしい。ほぼ完璧な逸品だ」と語った。
  2人が応札し、落札者は匿名を希望している。タリシオがロンドンオフィスから発表した文書によると、落札額には手数料が含まれる。

  レディー・ブラントは日本音楽財団が保有しているストラディバリウス19挺のうちの1つだった。収益は同財団の母体である日本財団の東日本大震災支援基金に寄付される。

ブルームバーグ

とのことです。画像はこちら

これまでの最高額の楽器はアン・アキコ・マイヤースが持ってたんですね。

ところでこのレディ・ブラント、ほぼ完璧な逸品であると!
いったい誰が競り落したのでしょうか?
楽器商?でもそれだと次に転売したとき、果たしてこれ以上の値段で売れるものなのか?
日本音楽財団と似たようなどこかの財団?――だったらいいですけど、もし個人だったらぜひとも死蔵しないで、一流のヴァイオリニストに貸与していただきたいものです。

|

« もしやこれもPTSD | トップページ | 「つづれおり」キャロル・キング~思い出の名盤・32 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/52006838

この記事へのトラックバック一覧です: 東北も梅雨入り★レディ・ブラント12億円で落札:

« もしやこれもPTSD | トップページ | 「つづれおり」キャロル・キング~思い出の名盤・32 »