« Stringer in the night | トップページ | 第54回グラミー賞決まる! »

2012年2月12日 (日)

ホイットニー急死

20120212_whitney_houston 自らが主演した映画「ボディガード」の主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」など数多くの曲がヒットし、米音楽界最高の栄誉、グラミー賞を6回受賞した米女性歌手のホイットニー・ヒューストンさんが死去した。48歳。ロサンゼルス近郊の高級住宅地ビバリーヒルズのホテル客室で倒れているのをヒューストンさんのボディーガードが発見、死亡が確認された。事件性を示す兆候はないという。
(共同通信)

すでに今日の午前から一日中報道されていますが、ホイットニー・ヒューストンが亡くなりました。信じられません。死因は発表されてませんが、事件性はないそうです。いったいどんな理由で?

私は子供の頃からモータウン系が好きだったので、当然ホイットニーが登場したときには、すぐにファンになりました。ファースト・アルバムは総ての曲が最高でした。
ディオンヌ・ワーウィックの従姉妹(当初は姪と伝えられた)というのは驚きでしたが、若いのに圧倒的な歌唱力を身につけてるのも納得。どこまでも伸びる輝かしい美声。モデル出身の美しく健康的な肢体。完璧なパフォーマーでした。

しかし誰もが反対したボビー・ブラウンとの結婚が彼女の運命を変えてしまいました。麻薬問題を抱えていたボビーとの関係を心配する周囲に対し、「私の力で治す」と言い切った彼女でしたが、93年ボビーが麻薬所持で逮捕。そして結局は当然のようにホイットニー自身が薬に取り憑かれ、やがて2000年ハワイで麻薬所持で起訴。

さらにはボビーのドメスティック・ヴァイオレンス。二人の娘が次々と巻き起こす麻薬取引疑惑だの拳銃所持だのの問題。激しいブーイングにさらされたという、2010年の復帰公演のさんざんな評価。つい何日か前には破産寸前という記事まで世界を駆け巡りました。
そのたびにファンは心を傷めつつ、いつかきっとあの歌声を取り戻すはずと、かすかな希望を抱いていたのに…

YouTubeに上がっているものの中から、おそらく彼女のベスト・パフォーマンスの一つと思われる歌唱を。Greatest Love Of All (1989 Live performance at Arista anniversary)

|

« Stringer in the night | トップページ | 第54回グラミー賞決まる! »

コメント

驚きましたが、瞬間「やっぱり」の感も。

確かなことは何も分かりませんが、部屋に麻薬はなく、薬品の過剰摂取で浴槽で溺れたらしいという報道が出始めてますね。

13日付仏日刊紙も揃って1面トップ扱いのようです。

投稿: 助六 | 2012年2月13日 (月) 09:57

助六さん

今日になって日本の報道でも、浴槽での溺死の可能性が伝えられました。
9日のグラミー賞のプレ・パーティでの映像が出回ってて、それでは健康面の不安はなさそうなので、やはり一種の事故ということなんでしょうかね。
マイケルと違ってホイットニーの場合、2010年の復帰公演の失敗で九割五分方、歌手としては終わった人と見做されてたと思うんですが、残りの5%の可能性を皆期待してたと思うんです。本当に残念です。

投稿: TARO | 2012年2月13日 (月) 14:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/53968994

この記事へのトラックバック一覧です: ホイットニー急死:

« Stringer in the night | トップページ | 第54回グラミー賞決まる! »