« サンスイが民事再生法 | トップページ | 「マッカーサー・パーク」リチャード・ハリス ~思い出の名盤・54 »

2012年4月 3日 (火)

インターネットがなかったら3時間以内に禁断症状に!~ニュースの落ち穂拾い Watch What Happens

20120403 いま夜の11時をまわったところです。暴風雨による死者の数が凄いことになっていますが、関東はそろそろ落ち着いてきたでしょうか。東北はこれから明日の朝にかけて、風、雨ともにピークになる模様で、すでに1時間ほど前からゴーッという風の音が、聞こえては止み、聞こえては止んでいます。
なんとか被災地に大きな被害がでませんように。画像は4日(水)午前9時の予想天気図です。

追記:4日の0時半になりました。さっきから不気味なほど静かです…

ウイルスソフトのノートンは、「日本人のインターネット依存、個人情報の重要性、インターネットセキュリティに対する理解などについての調査」結果を発表し、5人に1人 (19%) が、インターネットがなかったら3時間以内に禁断症状を覚えるだろうと回答していることがわかった。
 日本のユーザーは平均して週に49時間インターネットを利用。これは起きている時間の3分の1以上で、ほぼ全員となる90%がインターネット上でメールをチェックしている。
 その一方、ウエブの閲覧は週13.2時間で、ソーシャルネットワーク上の交流は週6.8時間を費やしている。
 また、日本ユーザーの10人中8人が見知らぬ人に、自分のパソコンにアクセスされるくらいなら、1億円をあきらめると回答した。
 それだけの高額な価値を見出しているの理由として、個人情報を詰め込んでいるということもありそうだ。
 インターネットを使う日本のユーザーのうち3分の1以上(38%)が、自身のクレジットカード番号や銀行口座などの金融関係情報が最も価値があるとし、続いて28%が連絡先や名前などの個人情報に最も価値を見出している。だが、4人中1人以上 (27%) が、書類や写真、連絡先、音楽などの個人情報をバックアップしていないと回答している。

(@niftyニュース)

そう確かに覚えました、禁断症状。去年の3月11日以降です。でも最初のうちだけで、段々慣れてきましたね。ライフラインが全部止まって、生活するだけでも大変だったというのもありますし、ラジオ・ニュースで次々と判明する事態がショッキングすぎて、ネットどころじゃなかったというのもあります。
停電でテレビが見れなかったので、ネットでどんどん情報が入ってきたら、どんなに良いだろうかというのはありましたが、それは禁断症状というのはまた別の話ですよね。

この調査結果はノートンが実施したもので、3月29日に発表されたもののようです。
このniftyのニュースだけでは、詳細がよく判らなかったので、シマンテックのHPにもいってプレス・リリースをチェックしてみましたが、やっぱりよく判りませんでした。

なにが分らないって、アンケートの方法も回答者の人数も全然載ってないのです。そんなプレス・リリースなんてありかいなと…。まあ、それはともかく、

>日本のユーザーは平均して週に49時間インターネットを利用。これは起きている時間の3分の1以上で、

週に49時間という書き方もちょっと…だけれど、それはともかく平均して1日7時間インターネットを利用しているということのようです。たしかに画面をみてる時間はそう多くはないですが、ブラウザをたちあげてる時間という意味だったら、私も自宅で仕事をする日に限れば1日平均10時間以上になるかもしれません。仕事をしてる最中は、すぐになんでも調べられるようにいつも、どこかの関連サイトを開いてますから。

起きてる時間の3分の1以上というのは、おそらく24時間から寝ている時間を6時間として差し引き起きている時間が18時間。3で割って一日6時間が寝ている時間という計算でしょうか?だから起きている時間の3分の1以上ということに?

ちょっとよく分らないのが49時間の内訳で、

>ウエブの閲覧は週13.2時間で、ソーシャルネットワーク上の交流は週6.8時間を費やしている。

足して20時間ちょうど。残りの29時間は何に費やしてるのでしょう?メールチェックなんて数分で終わるだろうし、クラウドにあげた音楽ファイルを再生とか、まだそんなには普及してないように思うのですが…

>10人中8人が見知らぬ人に、自分のパソコンにアクセスされるくらいなら、1億円をあきらめると回答した。

なんだかワケわかんない質問です。無意味な質問の典型じゃないでしょうか。目の前に1億円つまれて、パソコンに自由にアクセスさせろと言われたら、10人中8人がOKしそうな気がします。

引用したniftyの記事には乗ってませんが、プレス・リリースにはこんなことも書いてあります。

この調査によると、インターネットに依存している現在、ネット犯罪や脅威に対する基本的な知識および保護の必要性への理解は比較的高いという結果が出ています。一方で、4 人に 1 人が基本的なセキュリティソフトやウイルス対策で事足りると考えています。しかし、先述の約 8 割の回答者がコンピュータ上の情報に 1 億円の価値を見出しているにも関わらず、基本的なウイルス対策製品で十分であるという考えは矛盾した結果といえます。

「基本的なウイルス対策製品」というのはmicrosoftの(無料の)セキュリティ・エッセンシャルズなどのことを言うんだろうと思いますが、4人に3人つまり75%がそれでは十分じゃないと思ってるというのは、この引用文にもかかわらず結構セキュリティ意識は高いとみなして良いと思います。

1億円諦めるほどPCの中を除かれるのが嫌な人は80%。市販のセキュリティ・ソフトが必要と考える人は75%なわけですから、単純に考えれば『セキュリティを重要視してるのに、基本的なウィルス対策製品で十分と考えてる人』は100人中わずか5人しかいないわけです。これはかなり優秀な結果であろうと思われます。

このあとプレス・リリースではパソコンに加え、スマートフォンやタブレットなども含めた包括的な保護をするセキュリティ・ソフトの宣伝が続くのですが、チョー驚いたことにアメリカでは今年中に発売になるものの「日本での発売時期は未定」なんだそうです。商売っ気がないですね。

|

« サンスイが民事再生法 | トップページ | 「マッカーサー・パーク」リチャード・ハリス ~思い出の名盤・54 »

コメント

>目の前に1億円つまれて、パソコンに自由にアクセスさせろと言われたら
もちろんOK、あげてもいいです。
ダメというのは、誰かの悪口を書いていたり、公開できないようなことをしたり見たりしている人だと思います。年賀状用の住所録見られたって、迷惑かけたり、問題になるとは思えません。

私は、一日中パソコンの前に居るような気がしていますが、やっぱり、7,8時間ですね。

うちのパソコンにはセキュリティーソフトって数年前から入れてないです。大昔はノートン入れていましたが、面倒だし入れなきゃならない理由が分からないので。

投稿: keyaki | 2012年4月 4日 (水) 11:13

keyakiさん

>公開できないようなことをしたり見たり

あ、そうか。そういう人なら1億円つまれてもイヤと言っちゃいますね。
自分の恥ずかしい映像とか(!)。
でも即座に逮捕されるような写真や映像ならともかく、自分の映像ぐらいならたとえ流出しても1億円という人も結構いそうな感じも。

>セキュリティーソフト

昔まだブログにメアドを載せてた頃、ちょっと政治的なことを書いたら、ウィルス付きと思われるメールを沢山送りつけられたことがあります。メインに使ってるアドレスはプロバイダーがガードしてくれるんですが、載せてたのはサブアドレスの方だったので。
マックはWindowsと違ってウィルスは少ないそうですが、ブログ等をやってる方はフリーのセキュリティソフトで十分なので(microsoftのセキュリティ・エッセンシャルズのようなもの)、入れておいたほうが良いかも知れません。

今はブログからメアドを外しちゃったので、橋下批判を書いてもウィルスメールを送りつけられるようなことはなく、やはり外して大正解だったと。

投稿: TARO | 2012年4月 4日 (水) 14:10

そういえば、昨夜、ウン十万台だかのMacがトロイの木馬に感染したって記事を見ました

投稿: edc | 2012年4月 6日 (金) 10:01

euridiceさん

うわ。Macでも安心はできない時代になっちゃってますね。
スマートフォンのウィルスとかもあるんだから当然かも知れませんが。
ニュースを探して読みましたが、被害はアメリカとカナダが中心のようですが、日本でも少し出ているみたいですね。

投稿: TARO | 2012年4月 6日 (金) 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/54384505

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットがなかったら3時間以内に禁断症状に!~ニュースの落ち穂拾い Watch What Happens:

« サンスイが民事再生法 | トップページ | 「マッカーサー・パーク」リチャード・ハリス ~思い出の名盤・54 »