« 火伏せの虎舞(加美・中新田) | トップページ | ムンクの叫び、96億円で落札 »

2012年4月30日 (月)

裏町の虎舞

20120430_toramai1 この中新田の「火伏せの虎舞」は毎年必ずニュースで取り上げられ(昨年は震災の影響で中止になりましたが)、宮城県の視聴者にはおなじみの行事となっています。しかしそうしたTVニュースなどに写る部分(左の写真)というのは、あくまでも虎舞の民俗芸能としての側面であって、この虎舞のもつ役割の半分の面でしかありません。

火伏せの虎舞は初午祭りという神社のお祭の一環として行われるものであって、実は虎舞を踊る中学生達はいくつものチームにわかれて町中(旧・中新田町内)の家を一軒ずつまわっては舞を踊り、神社の御札を配っていきます。このあたりは獅子舞や秋田のなまはげと似ています。こうしたいわば宗教的な部分を担うのが、虎舞のニュースには出ないもうひとつの側面です。
20120430_toramai2 何十チームもお囃子を鳴らしながら町を回っているので、この日の中新田はまさしく『町内には一日中祭り囃子が鳴り響きました』状態になります。右の写真はそうした町内を回っているチーム。

ちなみに虎舞が来た家は当然ご祝儀を出さなければならないので、多少の出費を覚悟しなければなりません。ということで普通の個人宅には一頭だけが、大きな商店などには2~3頭の虎が揃って出向くようです。
20120430_toramai22 この地域に昔から住んでいる人たちはもし虎舞が来なかったりすると「今年は抜かされた」などと怒るんだそうで、その一方で新しい住民の中にはご祝儀出すのは嫌という人もいるでしょうし、行事の主体となっている消防団(火伏の祭りなので)の人たちも気を使うところなのかも知れません。

それとともに町の中心部を3台の山車が華やかに練り歩きます。引っ張るのは子供たちですが、もちろん大人の消防団員も前後についていて船だったら舵取りみたいな役目を果たすんだと思います。山車の中には幼稚園児ぐらいの年齢のお稚児さんが乗って太鼓を叩いたりしています。この山車にも虎舞のチームが数頭ついて、やはり一軒ずつ訪問しては舞を披露し、神社の御札を渡していきます。

20120430_toramai3 なお書き忘れましたが、現在は(旧)中新田町は(旧)小野田町、(旧)宮崎町と合併して加美町となっていて、中新田という住所は存在しません。

|

« 火伏せの虎舞(加美・中新田) | トップページ | ムンクの叫び、96億円で落札 »

コメント

小中学生の準備練習は消防団が担当してるんでしょうか?
町内会や学校は無関係?

投稿: 助六 | 2012年5月 5日 (土) 10:53

助六さん

準備練習もやはり消防団が担当していて、学校も町内会も無関係なんです。
中学生は部活が終わってから、消防団員は仕事が終わってからなので、練習は夜に行われます。練習会場も町内の会社の敷地だったり、児童館が閉館した後を借りたりという具合です。

行政もお祭り当日は関係してきますが、練習には関係しません。また当日も行政がからむのはメインのステージ部分(屋根の上)などの町民祭り的部分だけで、町内を回る虎舞・御札配り部分は宗教行事なので勿論行政はノータッチです。
面白いのは町役場の虎舞担当部署は――消防団を担当する部署ということで――危機管理室(昔の消防防災課)になっています。

投稿: TARO | 2012年5月 5日 (土) 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/54600449

この記事へのトラックバック一覧です: 裏町の虎舞:

« 火伏せの虎舞(加美・中新田) | トップページ | ムンクの叫び、96億円で落札 »