« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

ルツェルン・フェスティヴァル in 松島

20130129claudio_abbado 今年の9月27日から10月14日にかけて、宮城県の松島でアバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団などが参加する「ルツェルン・フェスティヴァル」の引越し公演が実現することになったようです。

東日本大震災の後、ルツェルン・フェスティバルはすぐに犠牲者への哀悼の意を表すると共に、被災地支援のプロジェクトを立ち上げました。これは可動式のコンサートホールを建設して、ルツェルン祝祭管弦楽団などが被災地で演奏するという計画で、 プロジェクトはARK NOVA(アルク・ノヴァ)と名付けられました。たしかその年の夏のフェスティヴァルの開幕前日に立ち上げの(?)セレモニーがあって、犠牲者への追悼にアバドとルツェルン祝祭管がマーラーの10番の第1楽章(クック版で)を演奏したように記憶しています。しかしその後、ハタとそれに関するニュースがなくなり、どうしたんだろうと思ってました。

この秋にルツェルン祝祭管が来日公演をやるというのだけは、既に知られていたわけですが、このほどようやくダヴォスの世界経済フォーラムにおいて公演地・期間等の詳細が明らかにされたようです。詳しくはノーマン・レブレヒトのサイトを御覧ください。(でもこれダヴォスで発表されたのは25日かその前だろうと思うんですが、いまだに梶本からなんのアナウンスもないってどうなってるんでしょう。)

プログラム・参加者等は未定のようですが、坂本龍一とのコラボレーションが目玉企画の一つのようです。また、期間の長さを考えると前回のルツェルン来日公演のように、室内楽コンサートなど多彩なプロが組まれるものと思われます。まあ私は地元にアバドがきてくれるというだけで感激ですが。

ちなみにこの夏のルツェルンでのアバドと祝祭管のプログラムは2つで、まず藤村実穂子をソリストにブラームス、シェーンベルク、ベートーヴェン。もう一つがシューベルトとブルックナー。
その他内田光子が今夏のアルティスト・エトワール(アーティスト・イン・レジデンスのようなもの)に選ばれています。

20130129 唯一残念なのが、沢山の音楽ファンが松島を訪れると考えられるのに、一番の観光スポットである瑞巌寺の本堂が解体修理中なんですよね。本堂は築400年も経って大地震が来たら耐えられないんじゃないかという心配があったため、数年前に解体が行われました。今土台の工事をしているんですが(しっかりした基礎工事をしてそこに元の姿通り復元する)、もし解体が少し遅れていたら東日本大震災で、倒壊しちゃったんじゃないかとも噂されています。

瑞巌寺は海岸のすぐそばで、特に標高が高いわけでもないのですが、津波は参道は襲ったものの、ぎりぎり境内には水は流れ込みませんでした。松島の多くの島々が天然の防波堤になって、津波の勢いが削がれたというのが一番大きな理由なんですが、それにしても奇跡のような話で、「さすが政宗!」ということになっています。

※アバドの写真は Wikipedia英語版から。2枚目の写真は雪の瑞巌寺中門。奥で光ってるのは2009年の初日の出。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

大島渚監督が死去

20130115 「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」などで知られる映画監督の大島渚さんが15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県の病院で死去した。80歳。京都市出身。1954年松竹に入社。「青春残酷物語」などで日本のヌーベルバーグの旗手として注目されたが、「日本の夜と霧」の上映中止をきっかけに退社。大胆な性描写に挑んだ日仏合作「愛のコリーダ」を発表後、78年「愛の亡霊」でカンヌ国際映画祭の監督賞を受賞した。
(共同通信)

上の共同の記事に載ってないことを若干補足すると、生まれは1932年岡山県。京都大学法学部卒業後、54年に松竹入社。映画監督としての長編デビューは1959年「愛と希望の街」ですが、その前に同じ59年「明日の太陽」という短編を撮っているそうです。
1960年の「青春残酷物語」と「日本の夜と霧」が名声及び評価を決定づけたと言ってもよいのでしょうか。それ以来数々の話題作を発表してきた、というより大島渚が撮れば否応なく世の話題になるというような監督であったのだろうと思います。
1961年には松竹が「日本の夜と霧」を、大島監督に無断で4日で上映を打ち切ったことに抗議して、松竹を退社。夫人で女優の小山明子さんを含む仲間とともに「創造社」を設立し、以降は1972年の「夏の妹」を最後に解散するまで、創造社が大島監督のベースになります。

私がはじめて見た大島監督の作品は「少年」でした。これは実際に起きた当たり屋の事件に取材したもので極めて優れた映画でしたが、40年前に見ただけなので、いくつかのシーンがフラッシュバックのように浮かんでくるだけで全体はもう思い出せません。
次に見たのが「儀式」。キネマ旬報の第1位になった作品で、これも非常に強烈な印象を受けました。しかしこの作品については後年、この映画の脚本を書いた田村孟さんが「『儀式』は失敗作だ」と仰ってました。なぜそう思うのか興味があったのですが、なんとなく問いただせないままに終わりました。

大島さんは1996年に脳出血で倒れ、リハビリ生活を送ることになります。翌年の田村孟さんの告別式には車椅子で出席し弔辞を述べられました。1999年、再起し「御法度」を発表。しかしその後再び病状が悪化し、リハビリ生活に戻ることになります。
もう10年以上新作映画は作っていませんでしたが、やはり亡くなったというと――私は必ずしも大島監督の映画が好きではありませんでしたが――何か言い知れぬ感慨に襲われます。

一昨年2011年にはプロデューサーで妹の大島瑛子さんも、脚本家の石堂淑朗さんも亡くなって、時代が終わったというより、時代はとっくに終わっていたけれど、ついにそのかすかな残り火も完全に消え去ってしまったという感じでしょうか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

ゴールデン・グローブ賞は「アルゴ」と「レミゼ」

20130114_gg ゴールデン・グローブ賞が発表されました。
作品賞はドラマ部門がベン・アフレックの「アルゴ」。ミュージカル・コメディ部門が「レ・ミゼラブル」という結果になりました。「アルゴ」は既に放送映画批評家協会賞も受賞していて主要賞2冠です。監督賞も「アルゴ」のベン・アフレックですが、アカデミー賞では「アルゴ」は作品賞にはノミネートされたものの監督賞候補からは落ちています。

作品賞(ドラマ) 「アルゴ」
作品賞(ミュージカル・コメディ) 「レ・ミゼラブル」
主演男優賞(ドラマ) ダニエル・デイ=ルイス(リンカーン)
主演女優賞(ドラマ) ジェシカ・チャスティン(セロ・ダーク・サーティ)
主演男優賞(ミュージカル・コメディ) ヒュー・ジャックマン(レ・ミゼラブル)
主演女優賞(ミュージカル・コメディ) ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)
助演男優賞 クリストフ・ヴァルツ(ジャンゴ 繋がれざる者)
助演女優賞 アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)
監督賞 ベン・アフレック(アルゴ)
脚本賞 クエンティン・タランティーノ(ジャンゴ 繋がれざる者)
歌曲賞 『スカイフォール』(作詞・作曲 アデル)(007 スカイフォール)
音楽賞 マイケル・ダナ(ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日)
長編アニメ賞 「メリダとおそろしの森」
外国語映画賞 「愛、アムール」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

ラトル、2018年にベルリン・フィル退任へ

20130111_rattle ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者サイモン・ラトル氏が10日、現在の契約が満了する2018年夏で退任すると表明した。カラヤンやフルトベングラーらが率いたベルリン・フィルはオーケストラの最高峰の一つ。後任選びがクラシックファンの注目を集めそうだ。 (中略)
 ラトル氏は「ベルリン・フィルとの共同作業は18年で16年間になる。私も64歳の誕生日が近づく。だれか別の人がこの偉大なオケを引き受けるべき時だ」とコメントした。同郷のビートルズの曲にちなみ、「『僕が64歳になっても、まだ僕を必要としてくれるかい』と自問せざるをえない」とも述べた。

(朝日新聞)

ラトルの後任は15年以降に選任するとのことです。

優れた若手・中堅は大勢いますが、果たして2018年の段階でどの指揮者が、誰もが認めるベルリン・フィルのシェフにふさわしい存在となってるのでしょうか。ラトルの時にはもちろん好き嫌いはあっても、誰もが納得する人選で、驚きはなかったと思います。でも今は当時のラトルほどに決定的な存在というのはいない、あるいは沢山いすぎるので選べないという感じが…。

2013年段階だとネルソンス、ハーディング、ドゥダメルなどが一番人気、ソヒエフ、ネゼ=セガンあたりがそれに次ぐかと思いますが、2018はもちろん2015年の段階でもすごい成長株が出てきてるかもしれないし、わかりませんよね。個人的にはギルバートが良いと思うんですけど。

最近の音楽会には全然詳しくないのでよく知らないのですが、ラトルのように地方オケを国際的レベルにしたという実績を持ってる指揮者なんているんでしょうか?いれば有力候補かなと思いますが(シモン・ボリバールはバーミンガムのケースとはちょっと違いますよね?)。あと先日FM放送でテアトロ・レアルの「リエンツィ」(※)を振ってたアレホ・ペレスがすごい良かった。

まあ、場つなぎで巨匠クラス(2018年段階での)ということもありうるでしょうけど。

※ 関係無いですがFMの「リエンツィ」、NHKのサイトでも番組中のアナウンスでも、ブルクハルト・フリッツがタイトルロールを歌ってるとされてましたが、多分間違い。Andreas Schagerが歌ったようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

アカデミー賞ノミネーション発表

20130110 最多候補はスピルバーグの「リンカーン」で12部門。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」が11部門。
衣装デザイン賞には、亡き石岡瑛子さんが遺作の「白雪姫と鏡の女王」で候補に上がりました。

今回最大の話題は、主演女優賞に現在9歳(撮影時には6歳!)だった子役のクヴァンジャネ・ウォレスがノミネートされたこと。出演作品の「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」はインディ作品で監督も長編デビューという、アカデミー賞では比較的無視されがちな条件の作品であるにもかかわらず、主演女優賞の他に作品・監督賞など計4部門の候補に上がりました。原題は Beasts of the Southern Wild で、すでにサンダンス・NHK国際映像作家賞やサンダンス映画祭グランプリ(審査員大賞)、カンヌ映画祭のカメラ・ドールを受賞しています。

それに受賞は無理でしょうけど、ハネケの「愛、アムール」が作品賞の候補になったのも驚きです。「愛、アムール」は他に監督・主演女優・オリジナル脚本・外国語映画賞と計5部門にノミネートされています。

目立つ賞だけあげておきますので、全部門を知りたい方は allcinema のサイトで御覧ください。

作品賞
「愛、アムール」
「アルゴ」
「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」
「ジャンゴ 繋がれざる者」
「レ・ミゼラブル」
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
「リンカーン」
「世界にひとつのプレイブック」
「ゼロ・ダーク・サーティ」

主演男優賞
ブラッドリー・クーパー  「世界にひとつのプレイブック」
ダニエル・デイ=ルイス  「リンカーン」
ヒュー・ジャックマン  「レ・ミゼラブル」
ホアキン・フェニックス  「ザ・マスター」
デンゼル・ワシントン  「フライト」

主演女優賞
ジェシカ・チャステイン  「ゼロ・ダーク・サーティ」
ジェニファー・ローレンス  「世界にひとつのプレイブック」
エマニュエル・リヴァ  「愛、アムール」
クヮヴェンジャネ・ウォレス  「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」
ナオミ・ワッツ  「インポッシブル」

助演男優賞
アラン・アーキン  「アルゴ」
ロバート・デ・ニーロ  「世界にひとつのプレイブック」
フィリップ・シーモア・ホフマン  「ザ・マスター」
トミー・リー・ジョーンズ  「リンカーン」
クリストフ・ヴァルツ  「ジャンゴ 繋がれざる者」

助演女優賞
エイミー・アダムス  「ザ・マスター」
サリー・フィールド  「リンカーン」
アン・ハサウェイ  「レ・ミゼラブル」
ヘレン・ハント  「The Sessions」
ジャッキー・ウィーヴァー  「世界にひとつのプレイブック」

監督賞
ミヒャエル・ハネケ  「愛、アムール」
ベン・ザイトリン  「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」
アン・リー  「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
スティーヴン・スピルバーグ  「リンカーン」
デヴィッド・O・ラッセル  「世界にひとつのプレイブック」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

仙台初売り、あるいは狂気と紙一重の話二題

201301021 今日2日は恒例の仙台初売りの日。大手スーパーなど元日から営業している店でも、商店街の慣例にならって1日は普通の営業、2日に華々しく初売りを行います。

例年この日は仙台市民総出と言いたいくらい皆が買い物に繰り出すのですが、去年・今年は特に凄いような気がします。特に今年はアーケードのある中央通りなど、まるで七夕並みの大混雑。この写真は多少は人出も落ちた午後ですが、午前中はもっと凄かったんじゃないかと思います。
ヨドバシカメラに行ってみたら、福袋はほとんど売り切れてました。実はヘッドフォンを買おうと思ってたんですが、店内は混雑してるし、レジは長蛇の列だし(ヘビ年なだけに)で、挫折して帰って来ました。

201301023 去年から続くこの仙台市民のやたら旺盛な消費活動は、いったいどうしたものなのでしょうか?もはや狂気一歩手前と呼びたい有様です。

そうそう狂気と言えば――

大阪市の橋下徹市長が今年から、これまで昼休み時間に庁内放送で流していた音楽を中止し、職員の意識改革を促すスローガンに切り替える意向を示している。住民サービス向上に向けた“橋下流”の取り組みともいえるが、職員からすれば安らぎの一時であるランチタイムまでも緊張感を強いられるのかもしれない。

 橋下市長は昨年12月30日、自らのツイッター上で「(市役所は)サービス業であることの意識を来年から徹底していきます」と宣言。その上で、「今、大阪市役所は、お昼になると変な音楽が庁舎内に流れます。それを止めて、来年から組織のスローガンを流していきます」と書き込んだ。

 スローガンの候補案は、「役所事業はサービス業であることを意識せよ」「『前例がないからできない』は言わない」「『担当が違います』は言わない」「朝礼はやってますか?」など。市長は「民間だったら当たり前のこと。皆さんからもご意見を!」と呼び掛けている。

(産経ニュース)

狂ってる…完全に狂ってる…

最初この記事を読んだ時、私は昼休みになると延々1時間、スローガンとやらが流れ続けるのかと思いました。大阪って北朝鮮か文革時代の中国なの?それとも新興宗教??

でもさすがにそれは異常すぎるし、一体何なんだろうこの話は?

そもそも昼休みでも普通窓口業務は交代でやってるでしょうから、その時間に音楽が流れるというのも?だし、橋下市長の言う「変な音楽」というのもどんな音楽なのか気になる。なんかよく分からん記事だなあと思い、ネットをいろいろ漁って見たら、2ちゃんねるに回答が載ってました。

なんとまあ!この話、実はずっと音楽が流れてるんじゃなくて、12時15分になると昼休みを知らせるチャイムの代わりに音楽が流れるというだけの話だったのです。
要するに学校だと下校時間にチャイムの代わりに校内放送で「新世界より」の『家路』が流れるとか、デパートで閉店時間に『蛍の光』が流れるとか、それと同じ。だからこのニュース、音楽云々というより、昼休みを知らせるチャイムの代わりに、気持ち悪いスローガンを流すということなんですね。

12時15分、午前中一生懸命働いてようやくリラックスするランチタイム。でもそれを知らせるのはチャイムでもなく音楽でもなく、「刺青は極道の印。公務員の皆さんはやめましょう」などという庁内放送だとしたら。・・・シュール過ぎる。

それにしても気になるのは「変な音楽」です。橋下市長言う変な音楽とはいったいどんな音楽なんでしょうか?
最初に思い浮かんだのは1950~60年代の前衛音楽でした。これは掛け値なしに変な音楽ですし、70年代から90年代の随分聴きやすくなったペンデレツキあたりでも、現代音楽を聞き慣れてない人には「変な音楽」に聞こえるかもしれません。でもどう考えてもそんな曲を庁内放送で毎日流すわけ無いですよね。市長が文句言うより先に、職員が拒否しそう。それとも黛さんが作曲したNHKホールの開幕ベルみたいなのでしょうか?あれは結構「変な音楽」のような気がします。あるいは意外とピンク・フロイドの「ダーク・サイド・オブ・ザ・ムーン」みたいなやつでしょうか?この名作も歌謡曲しか聞かないような人には、十分変な音楽かもしれません。

でもそんなもんじゃなかったのです。橋下市長の言う「変な音楽」とは。――皆さん、心の準備はいいでしょうか?ショック死なんかされたら困ります。なにが出てきても冷静に受け止めて下さい。

なんと大阪市長の言う変な音楽とは、「 大 阪 市 歌 」のことだったのです!

なんかもうね・・・。チャイム代わりに流してる曲は「大阪市歌」の他にもう1曲あって、「小鳥の来る街」という島倉千代子さんが歌った曲。なんでも大阪市民なら知らない人はいないような曲で、大阪のゴミ収集車が流してるのもこの曲なのだそう。(さしずめ仙台市役所で宗幸さんの「青葉城恋唄」を流すようなものでしょうか。あれを変な曲呼ばわりされたら仙台市民の9割は怒るだろうなあ…)

国政を目指すお方だけあって、国歌は口元チェックまでしても(橋下さんがしたわけじゃないですが)、市歌は「変な音楽」になっちゃうんですね。大阪だけにお笑いのセンスは抜群ですな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

20130101_gif 明けましておめでとうございます。

どうしても昔のようにはいかず、更新ペースはゆっくりになるかと思いますが、なにとぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »