« アカデミー賞、主演女優賞はジェニファー・ローレンス | トップページ | 今日から4月 »

2013年2月27日 (水)

マリー=クレール・アラン死去!

20130227_marieclaire_alain なんと今度はあの名オルガニスト、マリー=クレール・アランが亡くなったそうです。享年86歳でした。

マリー=クレール・アラン[Marie-Claire Alain;1926年8月10日~2013年2月26日]は、フランスを代表する名オルガニストで、3度に亘る「バッハのオルガン作品全集」をはじめ、膨大なレパートリーの録音を残しました。
パリ近郊のサン=ジェルマン=アン=レーにて音楽家の一家に生まれ、父親アルベールは、アレクサンドル・ギルマンとルイ・ヴィエルヌに学んだオルガニスト・作曲家。実兄ジャン・アランも作曲家。
マリー=クレール・アランは、パリ音楽院でマルセル・デュプレのオルガン科に在籍、首席に輝いています。
オルガン演奏に関する豊かな学識と威厳に溢れる演奏は、正に唯一無二の存在であり、20~21世紀における最上のオルガン奏者の一人でした。

(タワーレコード)

私は以前はあまりオルガン音楽は聞かなかったのですが、震災後はなぜかバッハを無性に聞きたくなり、昨年はずっとカンタータとアランの演奏するバッハのオルガン曲のCDを交互に聞いていました。最近も80年代に彼女がエラートに録音したブクステフーデのコラール集を聞いたばかり。現役の演奏家が亡くなったようなショックと悲しみを感じています。

CDを1枚リンクしておきます。天才オルガニストと謳われながら、第二次世界大戦中に29歳の若さで戦死した実兄のオルガニストで作曲家ジュアン・アランの作品も含まれています。

※ 写真はWikipedia(フランス語版)より

|

« アカデミー賞、主演女優賞はジェニファー・ローレンス | トップページ | 今日から4月 »

コメント

えっ、アランも亡くなっちゃいましたか。知りませんでした。
検索してみても仏主要全国紙もまだ記事出してないみたいですね。

私もオルガンはあまり聞かなかったんですが、15前~10年前くらいの間、シャピュイのバッハ演奏に魅せられたのがきっかけで、一時期はまってたことがあります。
オルガンはピアノと同じ意味でのタッチは存在しないし、ダイナミックと音色はシャッターとストップ操作に負うところが多い上、鍵盤を押してから音が出るまで僅かな時間差もあるわけですから、ピアノより即興的要素がはるかに少なく、予めアタマで演奏プランを決めておく必要があります。
さらにオルガン演奏は弾く楽器のスタイルや構造に6割くらい制約されるところがあります。

要するに楽器の個性が演奏者の個性に勝り、演奏も楽器に合わせて予めプランを立てる必要があり、知的要因が強いところにオルガン演奏の面白さがあるように思います。

とにかく同じ楽器を複数の奏者で、また同じ演奏家を複数の楽器で聞いてみないと絶対分かりません。
ほんとにはまった人は、歴史的オルガンの主要流派である北独、南独、伊、仏、スペインの楽器を聞くため車で田舎を旅することになりますが、私は費用的にも時間的にも無理でしたから、専らパリと周辺のオルガン、つまりクリコとカバイエ=コルしか事実上知りません。
とにかく8年前までパリには本格的北独系オルガンはなかったくらいで、バッハと同じかそれ以上に17-18世紀仏オルガン曲を聞かされることになります。

私には仏にある歴史的オルガン、19世紀オルガンで独仏オルガン曲を聞く上で、知的に明晰な演奏と談話でいつも道標のように立ち現われる存在だったのがシャピュイとアランでした。

サンジェルマンデプレ教会やノートルダーム・デ・ブランマントー教会のオルガンで、バッハ、ブクステフーデ、グリニー、ダカン、クープラン、ジャン・アランなどを聞かせてもらいました。

明晰なポリフォニー・ライン、品と威厳あるオルガンだったと思いますが、最後に聞いた演奏はその明晰さと張りにやや陰りが感じられたのが気になってました。

投稿: 助六 | 2013年2月28日 (木) 12:00

助六さん

なんとヴァン・クライバーンも亡くなったそうです。78歳。
それにブログ記事にはしませんでしたが、今月16日にはエリック・エリクソンも94歳でなくなっていますし、どうしてこんなに20世紀の大物演奏家の死が続くんでしょう。
まあ、亡くなった方はF=Dやデラ・カーザ、ヴィシネフスカヤも含めて、皆80代、90代(クライバーンは少しだけ若いですが)。大往生とすら言えるのかもしれませんが…

>楽器の個性が演奏者の個性に勝り、演奏も楽器に合わせて予めプランを立てる必要があり、知的要因が強いところにオルガン演奏の面白さがあるように思います。

なるほど、そういうものなのですね。オルガンの即興演奏というのも、実はある程度の演奏プランを事前に作り上げてて、そこに主題を当てはめていくという感じになるのでしょうか。(話がずれますが昔、誰だったかフランスのオルガニストが――コシュローよりも古い人――6声のフーガを即興で弾いて、しかも真ん中の2声部は終始一貫カノンだったとかなんとか・・・)

私のオルガン体験は多くの人びとと同様に、リヒターとヴァルヒャによるバッハ録音から入ったのですが、一時期フランスのオルガニストに惹かれるようになりました。アランは勿論ですが、アンドレ・イゾワールのカリオペ録音など、国内盤で出たものはほとんど集めました。
今活躍してる人の中では、アンドレス・セア=ガランに興味を持っています。

>明晰なポリフォニー・ライン、品と威厳あるオルガンだったと思いますが、最後に聞いた演奏はその明晰さと張りにやや陰りが感じられたのが気になってました。

キャリアの終わりを示すものだったのでしょうか。それにしても本当に録音を聴いても、気品を感じる方でした。

投稿: TARO | 2013年2月28日 (木) 23:29

私も、震災後、バッハの音楽ばかりを聴くようになりました。
昨年は、ブリリアントのバッハ大全集を全部聴いてから、レオンハルトとアルノンクールの教会カンタータ全集も全部聴きました。
フィッシャー=ディースカウが亡くなったときも、彼のバッハ・カンタータ/アリア集(EMI)を何度も聴きました。
最近、この録音のLPを入手して、聴き直しています。

オルガンは、そんなに熱心に聴いていませんが、今月は、武蔵野で二回オルガンの演奏会に行きます。
アランのバッハは、多分、聴いていないような気がします・・・。
家には、ヴァルヒャの旧録全集(LP)と新録全集(CD)があります。
後者は、中古で、990円で入手しました(安すぎ!)

投稿: ももんが | 2013年3月 1日 (金) 22:58

ももんがさん

バッハの音楽って、何があるんでしょうね?ポッカリと抜けた穴を埋めてくれるような何かというか。
レオンハルトとアーノンクールの全集は私もずっと進行中で、ようやく120番台まできました。武蔵野でオルガン、いいですね。最近はオペラやオーケストラよりもそういうのに心惹かれるようになりました。

私の場合震災以後やたら聞きたくなった作曲家がもう一人いて、なぜかショパンなんです。バッハはなんとなく分かるようなきがするんですが、なぜにショパン?と…
それもソナタやバラードのような大曲じゃなくて、ワルツとか前奏曲とか夜想曲とかに、時々涙が出てくるほど心打たれちゃったりするのですね。自分でも不思議…

>後者は、中古で、990円で入手しました(安すぎ!)

え~っ!中古とはいえ990円はちょっとヴァルヒャさんに申し訳ないような気さえしてきますね…

投稿: TARO | 2013年3月 2日 (土) 10:02

>なんとヴァン・クライバーンも
>エリック・エリクソンも

えっ、ご両人とも訃報知りませんでした。
見直したらクライバーンは少し報道されてましたが、エリクソンはニュース卸屋のAFPが流してないせいか、仏主要紙はまるで報道しておらずけしからんと言うか。仏楽界でもよく知られていて評価も高い人だったんですが。

エリクソンとスウェーデン放送合唱団はアバド指揮ベルリン・フィルに同行して93年と97年にプレイエルに来たことがありました。93年のドイツ・レクイエムは聴けましたが、97年のヴェル・レクとマーラー復活は安いチケットが入手できず逃しました。
ヴェルレクは当初ゲオルギューとアラーニャのはずだったのが、結局フリットリ、タラソーワ、ラ・スコーラ、ライモンディの面々になりました。ギャラで合意できなかったとかいう噂でしたが。

ア・カペラの合唱で聞けたのはシテ・ドゥラ・ミュージックで97年に一度だけで、スウェーデン室内合唱団。シュッツ、シュトラウス、マーラー、ベルク、ヴェーベルン、ステンハンマル、ラウタヴァーラといった独・北欧プロでした。
考えてみればもう当時80歳近かったんですね。

とにかく透明で均質、柔軟でありながら腰が強い美しい合唱でした。彼の影響を多かれ少なかれ受けなかった現役ピリオド系合唱指揮者などいないかも知れませんが、特にベルニウスやエキルベは響きの肌触りを受け継いでるようなとこがありますね。

そう言えばベルイマンの魔笛もエリクソンの指揮でしたっけ。

クライバーンは70年代の日本では評判さえなかったですから(仏でも同じだったみたい)、私はラジオで皇帝聞いた程度で、遂にディスクは1枚も買わず仕舞いでした。
シャンゼリゼ劇場に80年代になんかの催しに出てきて、短い曲を一曲だけ弾いたような気がするんですが、思い出せません(悔)。

>どうしてこんなに20世紀の大物演奏家の死が

20世紀の埋葬が進んできたということでしょうかね。

投稿: 助六 | 2013年3月 3日 (日) 10:30

助六さん

フランスの新聞も結構かったるいんですね。合唱の神様とまで言われてるのに…
私もエリック・エリクソン室内合唱団とスウェーデン放送合唱団はアバドのマーラーで聞きましたが、単独のコンサートは聞いたことがありません。エリクソンに率いられても来てますし、ペーター・ダイクストラに代わってからも来日コンサートをやってますが。かなりの回数来日を重ねてるはずですが、なかなか合唱のコンサートを聞きに東京に行くというのは難しくて。

>シュッツ、シュトラウス、マーラー、ベルク、ヴェーベルン、ステンハンマル、ラウタヴァーラ

凄い魅力的なラインナップですね。私が大好きな作曲家ばかり(シュトラウスとマーラーは曲によっては好きという程度で、大好きとまでは行きませんが)。

魔笛、エリクソンの指揮でしたね。
なぜに合唱指揮者は名前が重なるんだろうというのが、あの頃の私の素朴な疑問でした。勿論エリック・エリクソンとユルゲン・ユルゲンスのことですけど。

>20世紀の埋葬が進んできたということでしょうかね。

戦時中に青春を送った世代の人達が、いまつぎつぎと倒れてるんですね。
勿論考え方しだいでは、もっと早く死んでてもおかしくない世代とも言えるかもしれませんが。医学の発達や栄養が良くなったことなどで、ある時点から人が長生きできるようになった。その恩恵をこうむった最初の世代がこの人達だという見方も出来るような気がします。まあ、あまりロマンティックじゃない想像ですけど。

投稿: TARO | 2013年3月 3日 (日) 21:40

「今月16日にはエリック・エリクソンも94歳で」 - これは気がつかなかったです。この人の思い出は、ルートヴィッヒスハーフェンで妙なことに古楽器を連れてきた演奏会でした。プログラムを確かめる必要も無くバッハの大曲だったと思いますが、その時の自然倍音の菅に圧倒されました。90年代の初めでしたが、恥ずかしながら録音での英国の楽団などの中途半端な古楽器しか知らなかったので、ハーノンクールの録音なんかでは到底経験できない衝撃でした。恐らくBASFの株主総会をするような会場のデッドな音響だったので余計に驚かされたのでしょう。

それ以降は自然倍音の威力の裏返しとしての平均率に興味を持てるようになったので、個人的には恩人のような音楽家でした。それにしてもスェーデンの古楽器伝統は、トロッテンハイムのそれを知ってはいたのですが、魔笛の映画でもそれほど気がつかなかったです。ある意味、オランダなどに比較すると北欧は地理的にも文化的な辺境にあるということかも知れません。

投稿: pfaelzerwein | 2013年3月 9日 (土) 19:04

pfaelzerweinさん

>古楽器を連れてきた演奏会

エリクソンの合唱団はそのような活動もやっていたんですか。来日するときは(ベルリン・フィルと一緒以外は)無伴奏のコンサートばかりだったので、知りませんでした。
自然倍音の管楽器の音とあの透明な合唱の組み合わせ、考えただけでもゾクゾクしてきます。実際に聞いてみたいものです。

>それ以降は自然倍音の威力の裏返しとしての平均率に興味を持てるようになったので、個人的には恩人のような音楽家でした。

そうなのですか…
94歳ですからダイクストラに引き継いた後は、引退されていたんだろうとは思いますが、残念なことでしたね。

投稿: TARO | 2013年3月10日 (日) 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/56854831

この記事へのトラックバック一覧です: マリー=クレール・アラン死去!:

« アカデミー賞、主演女優賞はジェニファー・ローレンス | トップページ | 今日から4月 »