« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

シュタルケル死去

20130428_starker_2 20世紀の偉大なアーティストがまたひとり…
前世紀を代表する世界的チェリスト、ヤーノシュ・シュタルケルが28日、亡くなったそうです。88歳でした。

死去のニュースはインディアナ・パブリック・メディアが詳しく伝えていますので、ご参照ください。一瞬どうしてインディアナ?と思いましたが、そういえばシュタルケルはインディアナ州に住んでいたんでした。1958年から亡くなるまで、インディアナ大学で教えていたようです。

シュタルケルは1924年ハンガリーの生まれ。少年時代から天才を謳われ、7歳でブダペスト音楽院に入学、10歳で最初の演奏会を行ったという逸話の持ち主。特にテクニックが超絶的で、演奏不可能とまでいわれたコダーイの無伴奏ソナタを軽々と弾いてのけ、聴衆を圧倒しました。二十代で録音したコダーイのレコードで彼の名前は世界的になったとされています。

シュタルケルは40年代の後半にアメリカに移住し、最初はダラス響やシカゴ響の首席チェリストとして、その後はソリストとして活躍しました。

私がシュタルケルのコンサートを聞いたのは1975年のことで、なにしろ伝説的な人だったし、レコード録音のペースも落ちてたので、凄い老巨匠のような気がしてましたが、実はまだ50歳だったのですね。プログラムは前半がバッハの2番と5番、後半がコダーイのソナタという無伴奏プロ。さすがにコダーイが素晴らしく、演奏者の気合も(聴衆の集中力も)前半とは違っていたような気がします。

(シュタルケルのコンサートのプログラムを捜していたら、パイヤールのプログラムも出て来ました。同じく75年で、後半は先日書いたように「四季」ですが、前半はヘンデルとトレッリのトランペット協奏曲でした。)

レコード録音ではソロの他に、スーク、カッチェンとのトリオなどもカタログに残ってるんじゃないかと思います。堤剛さんが師事したことでも知られていました。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

パイヤールも!

20130424_2 知りませんでした。15日、ジャン=フランソワ・パイヤールも亡くなっていたのですね。85歳。なんだかショックを通り越して放心状態です。

パイヤールはご承知のように、パイヤール室内管弦楽団を組織して、フランス・バロックを中心とした幅広いジャンルで活躍。数多くの録音を残しました。今でこそこの種のレパートリーはクリスティはじめ多くのアーティストが手がけ、花盛りとすら言っても良いかと思いますが、70年代まではパイヤールが一手に引き受けてたと言ってもいいでしょう。彼がいなかったら私たちの音楽生活は極端にかたよったものになっていたに違いありません。

フランス・バロックの他にパイヤールの録音でことさらに高く評価されたのはモーツァルトで、中でもランパルとラスキーヌをむかえた「フルートとハープのための協奏曲」は、いまだに同曲中の決定盤とされているかと思いますし、ランスロとのクラリネット協奏曲なども最大級の評価を得ていました。
いまやはり先だって亡くなったマリー=クレール・アランとのモーツァルトの「教会ソナタ」を聞いていますが、これもとても愉悦感にみちた美しく楽しい演奏です。

私がパイヤールと室内管の来日公演を聞いたのは70年代ですが、この頃は室内管弦楽団というと必ずヴィヴァルディの「四季」をやらされるのが慣例(?)でした。イ・ムジチはしょうがないにしても、フランスだろうとドイツだろうとイギリスの楽団だろうと、とにかく「四季」。もちろん私が聞いた時も、メインプログラムは「四季」でした。70年代当時ではリュリやラモーじゃ客が入らないのは分かるんですが、せめてモーツァルトをやって欲しかったのに。(演奏がどうだったかは全然覚えていません。独奏はたぶんジェラール・ジャリだったろうと思うんですが、それも不確か…)

パイヤールは勿論バッハも演奏しました。ブランデンブルクなど、豪華な独奏陣もあって非常によく聞かれたんじゃないかと思います。柔らかく洗練されたパイヤールのバッハは、リヒターはじめ峻厳なドイツ派とも、明るく濃厚なイ・ムジチなどのイタリア派とも違い、落ち着いて聞ける良さがありました。これは勿論ヴィヴァルディなどのイタリア・バロックの演奏にも通じることですが。

パイヤールのレパートリーはもちろんバロックだけではなく、フランス近代の作品にも力量を発揮しました。ドビュッシーの「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」や「小組曲」をおさめた録音などは高く評価されましたし、ヴァンサン・ダンディの管弦楽曲を集めた録音など、好きで今でもたまに聞くことがあります。2002年に水戸室内管弦楽団に客演した際にも、ドビュッシーやオネゲルを振ったようです。

ご冥福をお祈りいたします。

※ 写真はWikipedia(フランス語版)より

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

4月の雪

20130421_41 このやたら寒々しい風景は、今日の午後の仙台市郊外です。
昨夜は遅かったので、今日昼前に起きたら、庭の木に雪が積もっていてビックリしました。――なんてもんじゃなくて、超ビックリ! どうなっちゃってるんでしょうか。

仙台では1センチの積雪で、なんと4月下旬の積雪は1947年以来66年ぶりなんだそうです。
先週は最高気温が20度を超える日もあり、ようやく寒い冬も完全に去ったかと喜んでいたのですが…

でもまあおかげで、こんな変な景色を見ることが出来ました。
2013042142

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

サー・コリン・デイヴィス追悼

20130420_colin_davis 目の病気になってしまって、極力ネットも新聞も見ないようにしていたので、指揮者のコリン・デイヴィス逝去のニュース、まったく知りませんでした。14日に病気のため死去。85歳ですからことさらに驚く年齢ではないのかもしれませんが、サヴァリッシュやフィッシャー=ディースカウと違って引退していたわけではないので、ちょっと信じられない気持ちです。

デイヴィスは今はベートーヴェンからブルックナーに至るドイツ音楽のメイン・ストリームを振る巨匠という扱いなんだと思いますが、私が音楽を聴き始めた頃(60年代後半から70年代のはじめ)は、モーツァルトとベルリオーズのスペシャリストとして知られていました。

なんとなくモーツァルトとベルリオーズというのは結びつかないので、その頃の私はデイヴィスって変わった人だなあと思っていました。(まあ専属のレコード会社だったフィリップスの方針もあったのでしょうし、何よりも当時はクレンペラー、バルビローリといった大御所が存命でしたから、ベートーヴェンやブラームスで割って入るには少々若すぎたのかもしれません。)とまれデイヴィス自身ベルリオーズには情熱を傾けていたようで、「トロイ人」や「ベンベヌート・チェッリーニ」「ベアトリスとベネディクト」などの全曲録音はレコード録音史上の金字塔と言って良いのではないかと思います。

そうはいってもベルリオーズは日本では幻想以外は人気がないと思いますし、モーツァルトはワルターやベームが正統――ということでコリン・デイヴィスという指揮者は、当時は今ひとつ一般の音楽ファンにアピールするものが少なかったのではないかと思います。

そのデイヴィスが音楽好きに実はとてつもない実力の持ち主なのだと認識させることになったのは、コンセルトヘボウを振った「春の祭典」の録音でした。CD時代になってからは聞き直してないのでディテイルはあまりよく覚えていませんが、細部まで正確無比な演奏にもかかわらず、たぎるエネルギーのほとばしりがあり、しかも艶やかなオーケストラの美感も申し分ないという、ブーレーズでもバーンスタインでもカラヤンでもなしえなかったような演奏。フィリップス録音の優秀さも話題になりました。

「春の祭典」の圧倒的高評価で日本でもデイヴィスの実力はおおかたの認めるところになったわけですが、この頃からレコード録音でもオーソドックスなレパートリーでの注目すべき録音が増えてきたのではないかと思います。

中でも私の好きなマーティナ・アーロヨをアンナに、当時新進のキリ・テ・カナワをエルヴィーラに起用した「ドン・ジョヴァンニ」、カバリエとベイカーの二重唱が聴きてを恍惚とさせる「コジ・ファン・トゥッテ」の2つのモーツァルト・オペラ録音は、いまもってトップ・クラスの名盤といってよいでしょう。
このほかではジョン・ヴィッカースとジェシー・ノーマンをむかえた「大地の歌」、スティーヴン・(ビショップ・)コワセヴィッチやサルバトーレ・アッカルドらとの協奏曲録音なども記憶に残っています。

その頃のデイヴィスのレコード/CD録音は(私が聞いた限りでは)すべて水準を越えるハイレベルのものですが、この時期のデイヴィスの録音の中で、唯一納得いかなかったのがボストン響とのシベリウスの交響曲全集でした。曲の表面だけを整えたシベリウスらしさ皆無のつまらない演奏という感想を当時もちましたが、聞き直してないので今聞いたら違う感想になるかもしれません。

デイヴィスはバイロイトにも登場しましたし(77年)、80年代からはバイエルン放送響の首席指揮者、ドレスデン・シュターツカペレの名誉指揮者などをつとめ、名実ともにドイツ音楽の王道を行く巨匠指揮者になりました。モーツァルトやベートーヴェンなど、私が好きなのは柔らかくしなやかに歌うスウィトナーや、透明感と流麗さが際立つアバドの演奏なので、剛直なデイヴィスは好みとはかなり違うのですが、水準は高いんだと思います。いまアラウと録音したベートーヴェンのピアノ協奏曲を聞きながら書いていますが(ドレスデン・シュターツカペレ)、アラウのピアノがいいのは当然ですが、オケ部分もさすがに素晴らしいものです。

さて、ここからようやく本題に入るんですが、私にとってデイヴィスといえば決してベートーヴェンでもブラームスでもブルックナーでもありません。勿論ヴェルディでもプッチーニでも。モーツァルトですらないのです。

私にとってのコリン・デイヴィスはブリテンの「ピーター・グライムズ」の指揮者です。コヴェントガーデン王立歌劇場の第1回の来日公演。
始まる前から幕は開いていて、客席が暗くなるといつか音楽――と、グライムズの悲劇――は始まっています。モシンスキーの演出が優れているだけでなく、デイヴィスの作る音楽は一瞬も緊張を途切れさすこと無く、最後の感動まで観客を導いていきます。ヴィッカースの絶唱に加え、ヒザー・ハーパーとジェレイント・エヴァンスという最高の歌手を揃えたこの舞台は、私にとってアバドの「シモン」などとともにオペラ体験の最高峰の一つなのです。

この時はカバリエ、カレラスの「トスカ」、エヴァーディング演出の「魔笛」もデイヴィスがひとりで振り、オペラ指揮者としての実力を見せつけました。どれも良かったですが、「トスカ」についてはまあ指揮者がどうこうというより主役二人の舞台ですよね。どうしても。
デイヴィスは二回目の来日公演には同行しませんでしたし、彼の振るイギリスものを他に聞けなかったのは、私にとっては痛恨のきわみです。

大きく報道されましたので知らない人はいないと思いますが、三國連太郎さんが15日亡くなりました。かけがえのない俳優、日本映画史上最高の名優のひとりでした。

お二人のご冥福をお祈りいたします。

※デイヴィスの写真はWikipediaからです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

今日から4月

20130401_april_fool_sinopoli はやくも4月になってしまいました。なんと今年も4分の一が過ぎてしまったとは。

3月は全然ブログの更新ができなかったのですが、実は震災から2年目に当たる3月11日こそは記事を載せようと意気込んでおりました。石巻にでも行ってみようと計画してたんですが、その2日前に街を歩いていたら突然具合が悪くなり、仙台駅東の広場のベンチに倒れこむという事態に。腰掛けてることもできず、ベンチに寝ていたらだんだん良くなったので、なんとか家に帰れましたが、通行人には「ホームレスが昼間からベンチで居眠り」と思われたかもしれません。

一昨日だったでしょうか、民放テレビに西城秀樹さんが出ていました。ご存じの方が多いと思いますが、彼は2度の脳梗塞に見舞われています。そのたびに辛いリハビリを繰り返し舞台に復帰した西城さんを、私は勝手に心の友にしてるんですが、やはり話す言葉はあまりハッキリせず、特に子音の発音はかなりあいまいでした。ところが不思議なことに歌になると発音がしっかりしてるんですね。ブラジルでのコンサート・シーンが放送されていましたが、発音に曖昧なところがなく、かなり驚きました。私も話してる時は頭のなかで考える速度に舌の動きが追いついていかず、喋りがアワアワになることがあるんですが、歌なら大丈夫かしらん??

さて大物の逝去が続いていて、28日には元ウィーン・フィルの首席フルート、ヴォルフガング・シュルツが亡くなったそうです。享年67歳。CDでしたらやはり最初に思いおこすのはベームと録音した「フルートとハープのための協奏曲」でしょうか。1976年録音ですから、今から36~37年前。シュルツはこの録音当時はまだ30歳前後だったんですね。

また30日には指揮者の小松一彦さんが肺炎で亡くなられました。まだ65歳だったのに…

また女優の坂口良子さんも亡くなられましたが、つい先ごろまで元気にTVに出ていたので、狐につままれたような気持ちです。ガンだったそうですが…

皆様のご冥福をお祈りいたします。

ここ何日かで、みちのくもようやく暖かくなってきました。4月はせめてもう少し更新できるように、心がけたいと思っていますので、今年度もよろしくお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年5月 »