« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

潮田益子さん死去

20130529_ushioda また訃報です。なんだか悲しみが癒える暇もないうちに、次から次へと訃報が続いて…
しかも今回は潮田益子さんです。

潮田益子さん(うしおだ・ますこ=バイオリニスト)28日午前6時15分(現地時間)、米マサチューセッツ州ケンブリッジで白血病のため死去、71歳。中国東北部(旧満州)生まれ。故人の希望により葬儀は行わない。
 世界的なバイオリニストとして知られ、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団の中核メンバーとして活躍。ボストンのニューイングランド音楽院教授として後進の指導にも尽力した。夫は元同音楽院学長のチェロ奏者、ローレンス・レッサー氏。
(時事通信)

潮田さんは決して丸い顔ではないんですが、髪型こみだとなぜか可愛い丸顔に見えるので、なにかいつも年齢より若いように感じていました。(サイトウキネンのコンミスをやられてる時なんかは結構歳相応かなという感じもありましたけど。)もう71歳になられてたんですね。白血病だったとは… 

潮田さんは、1966年――ちょうど私がクラシック音楽を聞き始めるか始めないかぐらいの時だったんですが――チャイコフスキー・コンクールで2位となり、楽壇はそりゃもう大騒ぎ。一躍日本ヴァイオリン界の希望の星となりました。(ちなみに1位はトレチャコフで、2位をオレグ・カガンと潮田さんがわけあった。)

それから50年近くにわたって、常に第一線で活躍してこられたのですから、凄いものですね。最近は時事の記事にも有るように、サイトウ・キネンや水戸室内のメンバーとしてもおなじみでした。
慎んでご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

アンリ・デュティユー、ジョルジュ・ムスタキ逝く

Dutilleux_2008_cardiff アンリ・デュティユー氏(フランスの音楽家)22日、パリで死去。97歳。家族が明らかにした。死因などは不明。
フランス西部アンジェ生まれ。パリ国立音楽院で学び、パリ・オペラ座の合唱指揮者やパリ国立音楽院教授などを務めた。作風は「前衛の古典」と形容され、代表作は「メタボール」、小澤征爾氏の委嘱により作曲した「時間の影」など。1994年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞した。

(日経新聞)

昨年エリオット・カーター死去の時にも、コメント欄で話題が出ましたが、作曲家のアンリ・デュティユーが亡くなってしまいました。なんと言えばいいものか…

私がはじめてデュティユーの作品を聞いたのは、ロストロポーヴィチがチェロ協奏曲「遥かなる遠い国」 のレコードを出した時で、たぶん70年代の中頃でしょう。調べると作品自体は1970年作曲ですが、録音は1974年のようなので。それまで知らなかった作曲家の曲がロストロ氏のような大物の演奏で、しかもEMIのようなメイジャー・レーベルから出たので、「この人はいったい誰なんだろう?」と興味を持ったことが思い出されます。その頃はデュティーユと表記されていました。

97歳だし特に好きな作曲家ということではないんですが、でもやはりショックは大きいです。本当にブーレーズが最長老になる日が来るなんて…

20130523moustaki ノーマン・レブレヒトがデュティユーの死去のニュースにどんなコメントを寄せてるか読もうと思って、彼のサイトを開いたら、さらにショックなニュースが・・・

ジョルジュ・ムスタキが今日ニースで亡くなったそうです。79歳でした。

ちょっと前のニュースになりますが、レイ・ハリーハウゼンが亡くなりました。92歳だったそうです。
映画の特殊撮影、特にミニチュアの人形を少しずつ動かし1コマ1コマ撮影していくストップモーション・アニメの技法を確立した人です。

皆様のご冥福をお祈りいたします。

※ デュティユーの写真はWikipediaから。ムスタキの写真は同フランス語版からです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »