« アンリ・デュティユー、ジョルジュ・ムスタキ逝く | トップページ | 巨匠ブルーノ・バルトレッティが死去 »

2013年5月29日 (水)

潮田益子さん死去

20130529_ushioda また訃報です。なんだか悲しみが癒える暇もないうちに、次から次へと訃報が続いて…
しかも今回は潮田益子さんです。

潮田益子さん(うしおだ・ますこ=バイオリニスト)28日午前6時15分(現地時間)、米マサチューセッツ州ケンブリッジで白血病のため死去、71歳。中国東北部(旧満州)生まれ。故人の希望により葬儀は行わない。
 世界的なバイオリニストとして知られ、サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団の中核メンバーとして活躍。ボストンのニューイングランド音楽院教授として後進の指導にも尽力した。夫は元同音楽院学長のチェロ奏者、ローレンス・レッサー氏。
(時事通信)

潮田さんは決して丸い顔ではないんですが、髪型こみだとなぜか可愛い丸顔に見えるので、なにかいつも年齢より若いように感じていました。(サイトウキネンのコンミスをやられてる時なんかは結構歳相応かなという感じもありましたけど。)もう71歳になられてたんですね。白血病だったとは… 

潮田さんは、1966年――ちょうど私がクラシック音楽を聞き始めるか始めないかぐらいの時だったんですが――チャイコフスキー・コンクールで2位となり、楽壇はそりゃもう大騒ぎ。一躍日本ヴァイオリン界の希望の星となりました。(ちなみに1位はトレチャコフで、2位をオレグ・カガンと潮田さんがわけあった。)

それから50年近くにわたって、常に第一線で活躍してこられたのですから、凄いものですね。最近は時事の記事にも有るように、サイトウ・キネンや水戸室内のメンバーとしてもおなじみでした。
慎んでご冥福をお祈りいたします。

|

« アンリ・デュティユー、ジョルジュ・ムスタキ逝く | トップページ | 巨匠ブルーノ・バルトレッティが死去 »

コメント

音楽聞き始めの頃、バッハ無伴奏の全曲録音が友社のアカデミー賞の「日本人演奏部門」賞(今でもこの賞はあるんでしょうか?)だかを取って、ラジオで一部を聴いたのを覚えてます。

実演に接する機会は多分なかったと思います。

投稿: 助六 | 2013年5月30日 (木) 06:59

助六さん

私も潮田さんの生は聞いたかどうか、よく覚えてないんです。なんだか最近全てを忘れてしまって… シベリウスの協奏曲を聞いたような気もするけど、堀米さんだったような気もするし…

レコードアカデミー賞の日本人演奏家部門は、さすがに今はもうありません。90年代の後半にこの部門はなくなったみたいですね。
70年代に小澤&ニュー・フィルハーモニアの「第九」が受賞したあたりから、すでにこの部門に対する疑問というか、『それはちょっと違うんじゃないか、交響曲部門で受賞すべきものだろう』という話はありましたよね。

投稿: TARO | 2013年5月31日 (金) 00:14

バレンボイムがディヴァンオケを率いて2015来日するってほんとうでしょうかね?しかも広島でやるとか。

投稿: ごふくや | 2013年7月30日 (火) 15:21

ごふくやさん

バレンボイムにはあまり関心がないので、残念ながら情報は持ちあわせておりません。

投稿: TARO | 2013年7月31日 (水) 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/57485292

この記事へのトラックバック一覧です: 潮田益子さん死去:

« アンリ・デュティユー、ジョルジュ・ムスタキ逝く | トップページ | 巨匠ブルーノ・バルトレッティが死去 »