« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月11日 (火)

巨匠ブルーノ・バルトレッティが死去

20130611_bartoletti イタリアの巨匠ブルーノ・バルトレッティが、9日フィレンツェの病院で亡くなったそうです。1926年6月10日生まれなので、87歳の誕生日を迎える前日のことでした。英語記事の中ではワシントン・ポストが一番詳しそうだったのでリンクしておきます。死因は判りませんが、長く闘病生活を送っていたようです。

バルトレッティはジュリーニ亡き後、イタリア・オペラ界一番の巨匠だったといってよいでしょう。といっても名指揮者扱いされるようになったのはキャリアの後半、最後の20年ぐらいだったのではないかと思います。

彼は1953年のデビューですが(フィレンツェで「リゴレット」)、当時はセラフィンなどの大物が存命だったのに加え、一回り上の世代にはガヴァッツェーニ、モリナーリ=プラデッリ、ジュリーニらがいて、60年代後半になると一つ下の世代のアバドやムーティが台頭してくるという、ちょっと割に合わない世代(?)だったのかなという気もします。

しかし実際には大変な実力者で、私が聞いたのはたった一度、80年代にフィレンツェで「メフィストーフェレ」だけですが、実に素晴らしいものでした。音楽は決して押し付けがましくないのに、音が迫ってくるというか、とにかくフィレンツェのオケが本気になって弾いているのがわかるのです。

バルトレッティはアメリカのシカゴ・リリック・オペラとの関係が深く、なんと35年間(!)に渡って芸術監督をつとめました(うち単独では24年)。シカゴで振ったのはイタリア・オペラにかぎらずベルクの「ヴォツェック」をはじめとする近・現代のオペラも数多く、私達にはあまりピンときませんが、米国ではイタリアものと現代モノを得意とする指揮者という見方がなされていたようです。ワシントン・ポストの記事で初めて知ったのですが、ペンデレツキの「失楽園」の世界初演もバルトレッティだったのですね。

バルトレッティ指揮のオペラ全曲盤では「仮面舞踏会」が一番有名でしょうか。若きパヴァロッティとキャリア末期に近づいたテバルディが共演したという貴重なもの。

それにもうひとつ私が個人的におすすめしたいのは「ラ・ジョコンダ」です。これはカバリエ、パヴァロッティ、バルツァ、ミルンズ、ギャウロフという凄いキャストで、カバリエが今ひとつ調子が出てないような気もするのですが、あとは全員絶好調で素晴らしい歌の競演を聞かせてくれます。
(バルトレッティからちょっと話はずれますが、声の調子についてはともかく、このヒロイン役のカバリエの歌唱、なんにでもヴェリズモ的感情表現を求めたい人にはかなり不評です。しかしポンキエッリの人生1834-1886はヴェルディの生涯にすっぽり入り、「ラ・ジョコンダ」も1870年代の初演です。つまり決してヴェリズモ的に演奏すべき作品ではないので、そういう意味でここでのカバリエの歌唱は断然支持できるんじゃないかと思います。)

他にはフレーニが三役を歌ったプッチーニの「三部作」なども有名でしょうか。ただこの録音、他の2役は素晴らしいのですが、不思議なことにフレーニが一番得意そうな「ジャンニ・スキッキ」があまりよくないのですね。もう娘役が難しくなってきてた時期ということなのかもしれませんが。

日本には60年代にNHKイタリア・オペラで来日、スコット&ベルゴンツィ共演の「ルチア」を振っています。DVDが出ています。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »