« 潮田益子さん死去 | トップページ | 「カルテット!人生のオペラハウス」 ダスティン・ホフマン監督 »

2013年6月11日 (火)

巨匠ブルーノ・バルトレッティが死去

20130611_bartoletti イタリアの巨匠ブルーノ・バルトレッティが、9日フィレンツェの病院で亡くなったそうです。1926年6月10日生まれなので、87歳の誕生日を迎える前日のことでした。英語記事の中ではワシントン・ポストが一番詳しそうだったのでリンクしておきます。死因は判りませんが、長く闘病生活を送っていたようです。

バルトレッティはジュリーニ亡き後、イタリア・オペラ界一番の巨匠だったといってよいでしょう。といっても名指揮者扱いされるようになったのはキャリアの後半、最後の20年ぐらいだったのではないかと思います。

彼は1953年のデビューですが(フィレンツェで「リゴレット」)、当時はセラフィンなどの大物が存命だったのに加え、一回り上の世代にはガヴァッツェーニ、モリナーリ=プラデッリ、ジュリーニらがいて、60年代後半になると一つ下の世代のアバドやムーティが台頭してくるという、ちょっと割に合わない世代(?)だったのかなという気もします。

しかし実際には大変な実力者で、私が聞いたのはたった一度、80年代にフィレンツェで「メフィストーフェレ」だけですが、実に素晴らしいものでした。音楽は決して押し付けがましくないのに、音が迫ってくるというか、とにかくフィレンツェのオケが本気になって弾いているのがわかるのです。

バルトレッティはアメリカのシカゴ・リリック・オペラとの関係が深く、なんと35年間(!)に渡って芸術監督をつとめました(うち単独では24年)。シカゴで振ったのはイタリア・オペラにかぎらずベルクの「ヴォツェック」をはじめとする近・現代のオペラも数多く、私達にはあまりピンときませんが、米国ではイタリアものと現代モノを得意とする指揮者という見方がなされていたようです。ワシントン・ポストの記事で初めて知ったのですが、ペンデレツキの「失楽園」の世界初演もバルトレッティだったのですね。

バルトレッティ指揮のオペラ全曲盤では「仮面舞踏会」が一番有名でしょうか。若きパヴァロッティとキャリア末期に近づいたテバルディが共演したという貴重なもの。

それにもうひとつ私が個人的におすすめしたいのは「ラ・ジョコンダ」です。これはカバリエ、パヴァロッティ、バルツァ、ミルンズ、ギャウロフという凄いキャストで、カバリエが今ひとつ調子が出てないような気もするのですが、あとは全員絶好調で素晴らしい歌の競演を聞かせてくれます。
(バルトレッティからちょっと話はずれますが、声の調子についてはともかく、このヒロイン役のカバリエの歌唱、なんにでもヴェリズモ的感情表現を求めたい人にはかなり不評です。しかしポンキエッリの人生1834-1886はヴェルディの生涯にすっぽり入り、「ラ・ジョコンダ」も1870年代の初演です。つまり決してヴェリズモ的に演奏すべき作品ではないので、そういう意味でここでのカバリエの歌唱は断然支持できるんじゃないかと思います。)

他にはフレーニが三役を歌ったプッチーニの「三部作」なども有名でしょうか。ただこの録音、他の2役は素晴らしいのですが、不思議なことにフレーニが一番得意そうな「ジャンニ・スキッキ」があまりよくないのですね。もう娘役が難しくなってきてた時期ということなのかもしれませんが。

日本には60年代にNHKイタリア・オペラで来日、スコット&ベルゴンツィ共演の「ルチア」を振っています。DVDが出ています。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« 潮田益子さん死去 | トップページ | 「カルテット!人生のオペラハウス」 ダスティン・ホフマン監督 »

コメント

>80年代にフィレンツェで「メフィストーフェレ」

89年のマエストリーニ演出、レイミー、クピード、デッシ出演の上演ですね。
羨ましい。
バルトレッティの骨太の指揮は、プッチーニのみならず、正にポンキエッリやボーイトで効果的だったでしょうから。

この頃レイミーは大当たり役のメフィストーフェレを世界中で特にカーセン演出で歌いまくってましたけど、私は確か同じ89年にガルニエで演奏会形式で聴けただけでした。レイミーは彼としても頂点の素晴らしさでしたが。
パリでは当時マルティノティ監督がグノー、ボーイト、ベルリオーズ、Y・へラー(巨匠とマルガリータ)と4つのファウストを1シーズンで舞台に乗せようとしたけれど、ボーイトはカネがなくてコンツェルタントになったとかいう話でした。

私もバルトレッティはただ一度だけ、88年6月のフィレンツェ五月祭でプッチーニ3部作を聴けただけでした。
83年プレミエの再演で、「外套」をオルミ、「アンジェリカ」をピアヴォーリ、「スキッキ」をモニチェッリと3人の映画監督に委ねるという魅力的な企画でしたが、「映画とオペラ演出は別物で大半は失敗」の定式に従って、オルミ、モニチェッリ含め凡庸で面白くも何ともなかった。
でもバルトレッティの指揮は音色とエネルギーが四方に飛び散るみたいなガッシリしたもので、プッチーニの音楽に頑丈な骨組みを与えると同時に懐の深い自由さもあって見事でした。

「外套」はジャコミーニとカローリ、「アンジェリカ」はソヴィエーロ、「スキッキ」はパネライ、スカラベッリ、ファリーナなんかが歌ってましたが、「アンジェリカ」で引退したのかと思ってたスリオティスが叔母の公爵夫人役で出てきたのと、「スキッキ」に超ヴェテランのイタロ・ターヨが出演してたのが目を引きました。

この後制作されたデッカ録音はこの上演を基にしたものだったのかも知れませんが、さすが録音用特別キャストで、舞台上演と重なってるのはジャコミーニとスリオティスくらいですね。

イタリアらしく8時に始めて終わったのは12時すぎ、フィレンツェ人バルトレッティの「スキッキ」楽しんだ後にフィレンツェの初夏の夜をアルノ沿いに歩いて宿に帰るのは、何とも贅沢な気分でした。

>おすすめしたいのは「ラ・ジョコンダ」

私も「ラ・ジョコンダ」は図書館が持ってたバルトレッティ盤で最初に聴き、チェルクエッティの強烈な歌唱が聴けるガヴァッツェーニ盤は中古で見つけて後から聴いた気がします。
ポンキエッリはまったくヴェリズモではないし、カバリエの歌唱は決して悪くないと思います。カバリエを余り評価しない高崎さんも好意的だったような。
ただこれは私はバルトレッティもいいけど、ガヴァッツェーニの指揮が好きなんですが。

>スコット&ベルゴンツィ共演の「ルチア」

私は彼のベルカントは知らないので、特にこの2人の歌唱とあっては大変興味引かれます。
伝説にはならなかったようですが、どうだったんでしょうね。

>ジュリーニ亡き後、イタリア・オペラ界一番の巨匠

サンティは80歳過ぎてバリバリの現役ですけど、マウリツィオ・アレーナはもう引退しちゃったんでしょうか。
まあこの方面は、バッティストーニ、ルイゾッティ、アルミリアート、ノゼーダとかより若い世代でも人材は続いてますね。
一時期目覚しかったグイダリーニはどうしちゃったんだろう。

五月祭は危機の直撃を食らって、開幕の「ドン・カルロ」はコンツェルタント上演への痩せ細りを余儀なくされ、五月祭財団の破産手続き話も出てますね。
バルトレッティが死ぬ前にしたためた破産回避呼び掛けの「精神的遺言」がレップブリカ紙に死後掲載されて、メディアを賑わしてます。
彼は指揮者になる前、五月祭管でフルート吹いてたこともあるそうですから、思い入れはひと際だったでしょう。

投稿: 助六 | 2013年6月13日 (木) 12:14

助六さん

潮田さんもそうなんですけど、訃報ってまったく思いがけないところからくるものですね。不意打ちの訃報はショックが大きいです。バルトレッティ、確かに最近は名前聴いてませんでしたけど、闘病中だとも知らなかったし…

>レイミー、クピード、デッシ

3人とも絶頂期でしたし、指揮がバルトレッティでしたから、それはもう。老ファウストが青年ファウストに変わるときに、クピードが白髪のカツラと青年用のカツラと一緒に外しちゃって素の髪が出ちゃうなんていうアクシデントもありました。

>ソヴィエーロ

彼女のアンジェリカは私もMETで聞きました。役に没入する感じの人で、とても良かったですけど。昔とあるBBSで、やはりパリのアンジェリカを聞いた人が演歌みたいな歌い方と言ってました(笑)。
たしかパリでは蝶々夫人(ボブ・ウィルソン?)も歌ってませんでしたっけ。最後のアリアなんか、さぞかし聞き映えしたんじゃないかと。もっと活躍するかと思ってましたが、それほどでもなかったですね。

>フィレンツェ人バルトレッティの「スキッキ」楽しんだ後にフィレンツェの初夏の夜をアルノ沿いに歩いて宿に帰る

これはいいですね。「ボエーム」の後の雪のカルチェ・ラタンに匹敵するほどの、ナイスなシチュエーション!

NHKイタリア・オペラの「ルチア」に関しては、私は相当後に(90年代ぐらい?)FMで再放送されたことがあって、その時初めて聞くことが出来ました。スコットは良かったですけど、ベルゴンツィがどうだったかについては全然覚えていません(我ながら、なんともトホホな)。ましてや指揮については…

アレーナの名前はそういえば聞かないですね。サンティは今も定期的にN響に来演して、常に好評のようです。衰えのきざしもないような。

>五月祭財団の破産手続き話も出てますね。

え・・・そうなんですか。バルトレッティにはさぞや心が痛むことだったでしょうね。

投稿: TARO | 2013年6月14日 (金) 10:21

>3人とも絶頂期でしたし、指揮がバルトレッティ

パリの「メフィストーフェレ」でもファウストはクピードでしたが、マルゲリータはレオーナ・ミッチェルで私はあの粘っこい発声と音色が苦手だったのでちょっと。指揮はプリッチャードでしたからプロの実にしっかりした指揮なんですが、ちょっと重たくて鈍っぽいとこがあるから何かイタリア・オペラ聞いたという後味が今ひとつなんですよね。そんな訳でレイミーの印象のみが圧倒的です。

>役に没入する感じの人で、とても良かった

そうそう、ソヴィエーロの歌は正にそういう感じでしたね。グッと来るものがあった。
彼女はバスティーユでは93年にチョン指揮ボブ・ウィルソンの新演出でバタフライ歌いました。
私は「バタフライ」苦手なので、ソヴィエーロが出るから行く元気が出たようなもんでしたが、私の苦手意識を吹き飛ばすような演唱ではなかったのか、殆ど記憶に残ってません。
逆に彼女のパリ・デビューだったバルバチーニ指揮カーセン(彼もこれがパリ・デビューでブー喰らってた。私は好きでしたが)新演出の「マノン・レスコー」はとてもよくて記憶に残ってます。
「マノン・レスコー」は「ボエーム」と並んで私が例外的に好きなプッチーニであるせいもあったかも知れませんが、表配役のバーバラ・ダニエルズのソツないけれど味もない歌唱とは別物でした。
こう振り返ってみると彼女はまるでプッチーニアーナだったんですね。

>NHKイタリア・オペラの「ルチア」

YouTubeにあったので聴いてみましたが、スコットは驚嘆物の素晴らしさじゃないですか。
67年というと彼女がベルカントからヴェルディに次第に軸足移しつつあった時期でしょうが、60年代初めに比べると声は少し堅くなったかもしれないけれど、やや厚みが加わってドラマティックな表現性の迫力が素晴らしい。
もちろんアジリタの技術は依然確かだし、コロラトゥーラの一粒一粒に力強さがある上、ピアノのニュアンスもまるで損なわれていない。こんなに毅然としたルチアはカラスを除けば無類のような。盛期のジューン・アンダーソンは彼女に次ぐかもしれませんが。

考えてみるとスコットはこの後、この年67年末のスカラ開幕の「ルチア」をアバドの指揮で歌ったんですね。

私は若い時期のスコットのメタリックな高音が長く苦手でしたが、今はだんだん表現性の一部だと考えて受け入れることができるようになってきてます。
カバリエの高音とは正反対でしょうが、TAROさんはどう感じられます?

ベルゴンツィももちろんスタイリッシュで素晴らしいです。
65年のモッフォとのスタジオ録音に比べると、声がやや堅く単色に感じられるのは録音と年齢両方の問題ではと想像します。

バルトレッティの指揮は60年代の標準的ベルカント演奏と言うか、レガートの表現性より下から突き上げるようなダイナミックの表現性が勝ってるような印象を持ちました。
やっぱりヴェルディやヴェリズモから振り返ってる見てるようなベルカント演奏で、その限りではプロの仕事。
当時のN響から劇場的雰囲気を十分に引き出してますね。

この上演が私の耳に届くほどまで「伝説化」してなかったのだとしたら、当時の日本はまだデル・モナコの衝撃が強烈でベルカントへの反応度はもう一つだったからではなどとも思い巡らしてます。

投稿: 助六 | 2013年6月15日 (土) 11:46

助六さん

ソヴィエーロのマノン・レスコーって、なんか想像しただけでも終幕は涙しそうな感じですね。 蝶々さんはいまひとつだったんですか。それちょっと残念でしたね。確かにバタフライの後あまり彼女の活躍は聞かなくなりましたね。ピークの短かった人なのか。
でも一瞬の煌きだったにしても、いまもってこれだけ思い出され話題にされるというのは、それはそれで歌手冥利に尽きる(?)ような気も。

スコットのルチア、あらためてYouTubeで見てみました。というか音声だけで映像で見たのは初めてかも。やはり素晴らしいですね。ベルゴンツィも(六重唱しか聴いてませんが)とてもいいですね。指揮もさすがな感じが。
実は私はオペラを聴き始めた最初期からスコットが好きなんです。なにしろ助六さんとは逆に「蝶々夫人」が大好きなので、バルビローリ盤もマゼール盤もさんざん聞きました。それにTVとFMですがNHKイタリア・オペラの「ファウスト」でスコットの歌唱に大感動などということもあって。
後で私はカバリエやデヴィーアのような高音が好きなんだということに気づきましたが、まあ特にカバリエの夢の様な高音のピアニシモはワン&オンリーで、誰かと比較できるものでもないので。

>当時の日本はまだデル・モナコの衝撃が強烈でベルカントへの反応度はもう一つだったからでは

私も多分そうじゃないかと思います。声の押し出しや感情表現ではなく、様式感と技巧で聴かせる歌というのには、まだ当時の聴衆は及んでなかったのかも。(もしかするとカラスの録音に呪縛されてたなんてこともありそうな気もしますが。)「ファヴォリータ」は伝説化してますけど、徐々に聴衆が成熟していったというのと、コッソットとクラウスの声の力が凄かったんでしょうね。

投稿: TARO | 2013年6月16日 (日) 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71167/57572234

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠ブルーノ・バルトレッティが死去:

« 潮田益子さん死去 | トップページ | 「カルテット!人生のオペラハウス」 ダスティン・ホフマン監督 »