« 2013年7月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月20日 (月)

神の宇宙

20140120_abbado 音楽は感情の発露だと考える人がいます。それも間違いではないでしょう。音楽の始まりは、そのようなものだった可能性もあると思いますし。
演奏を自らの情念の表現とする人もいます。そのような演奏がことさら人々を惹きつけることも否定はしません。

しかしクラシック音楽の本質というのは「構造」です。音の構造によって宇宙を作り上げること、それこそが演奏という行為の核心です。(もちろんこれはあくまでもクラシック音楽の演奏という意味でです。JAZZやポピュラー音楽、あるいは現代音楽などについてはまた別の話になります。)
が、たとえば指揮者でただ振るだけで音によるコスモスを生み出せる人は、そう多くはないと思います。しかし――宇宙を創れるのは神だけですから――それが可能な演奏家は、その時神にも等しくなるのだろうと思います。

というような考えが正しいのか、正しくないのか判りませんけれども、そんなことを私は「シモン」を聞きながらだったでしょうか、あるいはヴェルディのレクイエムの時だったか、スカラ座の来日公演の際に突如悟ったのでした。

秋口にちょっと入院したりして体調が悪く、ブログは休んでたのですが、これだけはどうしても書かずにはいられません。

さようなら、アバド。あなたの音楽は私にとって、人生で最も大切なものの一つでした。

※画像はWikipediaイタリア語版より

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2014年2月 »