« 2014年1月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年2月

2014年2月 6日 (木)

運が良いとか悪いとか(続き)

20140206_lucern 松島の島々を見下ろす高台に作られたホール――可動式というのか移動型というのか――ARK NOVA は、弾力のある素材で作られた大きなバルーンで、色がエンジと茶の中間ぐらい。巨大な軟体動物のようにも見えます。

少し早目の時間に行くと、会場の外にはやたら大勢の外国人(というか白人)がウロウロしていました。この日は全員が招待だったわけですが、私達のような中止振替組と、そもそもの招待客とは招待状も受付場所も違っていて、チラッと観察した限りでは相当多くの人数、振替組ではない招待客がいたような感じです。

座席は招待状を渡すと、座るブロックが指定されるという形。センターはスーツを着たエスタブリッシュメントな方々が座り、その左右をカジュアルな格好をした私達が囲むという、ちょっと鹿鳴館気分の配置。ま、タダだからしょうがないか。

この正式名称「ルツェルン・フェスティバル・アーク・ノヴァ 松島2013」は、期間中いくつもの催しが行われたのですが、メインは東北ユース・オーケストラと坂本龍一の共演というもの。クラシック関連はドゥダメルの公開レッスンとアバドのアシスタントだったグスターボ・ヒメノが仙台フィルを振るコンサート(ベートーヴェン)、それにこの日の室内楽演奏会(閉幕の前日)の3つぐらいで、相当に意外な展開です。ミヒャエル・ヘフリガーが最初からそのつもりだったのか、それとも当初はルツェルン・フェスティバルのミニ版を予定してたのが、何らかの理由で変更を余儀なくされたのか、その辺は判りません。

定刻になりコンサートが始まると、演奏に先立ってヘフリガーが挨拶。東北ユース・オーケストラをドゥダメルが指導した公開レッスンの成果を強調。関係する行政や団体、スポンサーをいちいち名前をあげて、感謝の言葉を述べました。通訳付きなので倍の時間がかかるとはいえ、延々20分も喋ってました。

その後スイス領事館だかの方が、やはり5分以上喋って、ようやくコンサート開始。

2曲めのチャイコフスキーが、各演奏者の技量の冴えが際立ち、白熱した名演奏になりました。最初に演奏されたブラームスは私はちょっと不満を持ちました。ベルリン・フィル八重奏団のような恒常的な団体、あるいは弦楽四重奏団をベースにしたアンサンブルとかのほうが、ブラームスには向いてるように思います。やはりこの作曲家には、ヴィルトゥオージティだけではどうにもならないものがあるのかなという気がしました。ただし私の耳はまだ完治してない時期だったので、ちゃんと聴けてなかったかもしれません。

音は少し違った方向から響いていたので、PAを使っていたんだと思います。これは空気膜構造のバルーンという、おそらく相当デッドであろう空間なので当然の処置でしょう。

2曲の弦楽六重奏曲の後、休憩を挟んで神楽が奉納されるという話だったのですが、私は体調が良くなかったので室内楽演奏会だけで帰ることにしました。外にでると大勢の仕出し屋さんが野外にテーブルをセッティングしている所でした。神楽終了後、招待客のレセプションのようなものが行われたんだと思います。

そう、つまりこの日はコンサートというよりはクロージング・セレモニーだったのですね。セレモニーに華を添えるために、音楽が演奏されたということなんだと思います。たったそれだけのためにアバド&ルツェルン祝祭管を予定したとは豪華な話ですが、たしかこのプロジェクト発足の時も、このコンビはマーラーの10番の第一楽章を演奏したのでした。スタートでマーラーの未完成の曲、クロージングでシューベルトの未完成の曲という整合性をとったプログラミングだったんでしょうか?(ならブルックナーの9番でも良かったと思うけど)
まあファンとしては、たかがセレモニーの添え物のために、病気のアバドに負担をかけるんじゃない!と言いたい気もして複雑です。ま、いずれにせよ儚い秋の日の夢に終わったわけですが。

ちなみに東北ユース・オーケストラというのは、岩手・宮城・福島3県の中高生によるオーケストラらしく、東日本大震災を機に結成されたということですが、いつ結成されたのか、今後も継続的に活動していくのかなど、よく判りません。なにしろホームページが保守中になっていて、何も見れないので。神戸の佐渡さんのように、情熱的に引っ張っていってくれる大物がいるといいのですが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

運が良いとか悪いとか

20140205_albrecht 昨日のニュースになりますが、指揮者ゲルト・アルブレヒトが亡くなったそうです。日本では読響の指揮者としておなじみかと思いますが、90年代にはチェコ・フィルが初めて迎えたチェコ人以外の首席指揮者としても話題を呼びました。

華やかな経歴のアバドと違って、地味な存在ではありましたが実力者だったと思います。ミュンヘンで聞いたチャイコフスキーの「オルレアンの少女」など、W・マイアーの名演ともあいまって忘れがたく記憶に残っています。

(写真はWikipediaドイツ語版より)

***

ところで完全無欠の無神論者にして、100%の無宗教である私は、もちろん「運」などというものは信じません。すべては偶然のたまものだったり、必然の結果 だったりするので、運命の力などというものに左右されてるのではない、と断言したい--と思うのです。思うのですが…

当然「運が良かった」とか「運が悪かった」とかいう言葉には無縁であるべきですが、それでも時には「運がわるいなあ…」と呟きたくなることは、多々あるのです。なにしろ私は宝くじはおろか、どんな小さな懸賞にもほとんど当選したことがないんです。

「運命」とか「宿命」とか大げさな言葉はともかくとして、「運の良し悪し」程度の話で人生全体を見ると、どちらかと言えば、私は運の良い方でしょう。もしかするとどちらかと言わなくても、相当に運勢に恵まれている方だったと言っても良いかもしれません。子供の頃はなにも考えずに好きなことばかりやってたのに、うまいぐあいに希望の高校にも大学にも入れましたし、たまたまコネがあって希望の業種に就職することも出来ました。フリーになってからも昔の会社をクライアントにできてて、これで運が悪いなんて言ったら罰が当たります(もちろん私は天罰などというものは信じませんけど。そんなものがあるのなら、世の中権力者にこんなにクズが多いなんてことに、なろうはずがありません)。

でも書いたように懸賞に当選するとか、クジに当たるとか、そういう小さな 「運」には見事なほど縁がないのです。なにしろ私はその類のものには、60年間で3回しか当選したことがありません。1回は映画の招待券、もう1回はコンビニのグッズで、残り1つはクレジット・カードのキャンペーン。最後のは使った額のキャッシュバック(5000円)というもので、少しましですが後はなんかねぇ…

そんな私ですから、当然昨年の松島ルツェルンのアバドとルツェルン祝祭管のコンサート、抽選申し込みに応募したものの、当たるわけ無いと思っていました。たった500席のコンサートです。こんな競争率の高そうなものに、常日頃「運の悪い」私があたったら、そ のほうがおかしいと。なので当然そちらの方は、半ばあきらめて、サントリーのチケットを入手しておきました。

20140205_lucern ところが! 当たっちゃったのです。もしかすると地元優先だったのかもしれませんが、それにしてもなんという幸運。今まで小さな運に見放され続けてきた私ですが、これはきっと「運勢」を貯めておいたのです。運をちまちま使わなかった分、今ここぞという瞬間に使うことが出来たのに違いない。

コンサート時間が一時間というのがちょっと気になりましたが、サントリーの演奏会も聞けるし、とりあえず私は自分の運の良さに感謝しつつ、有頂天の毎日を過ごしていました。

そんなある日の朝、私はいつものようにヘッドフォンをして音楽を聞きながら、仕事に取り掛かろうとしました。するとヘッドフォンから流れてくる音楽が変なのです。全体のバランスが右に寄ってるし、音質も逆相でつないだような中域抜けの変な音でした。接触不良かと思って調べてみましたがそんなこともなく、どうも故障したらしいということがわかりました。

その日の夕方ヨドバシ・カメラに新しいヘッドフォンを買いに行き、製品を視聴してみて愕然としました。全部、同じ中抜け・右寄りの音だったのです。悪いのはヘッドフォンじゃなくて私の左耳だったのでした。

翌日、耳鼻科に行くと「突発性難聴」の疑いがあるので、国立病院に行って検査を受けるべしとのこと。しかも医者はこんな恐ろしいことを言うのです。「難病ですから。放っておくと聞こえなくなります」

聴こえなくなるって…私が最初に思ったのは「たとえ聴こえなくなるにしても、せめて松島まで待ってくれ!」ということでした。どうせアバドが来日するのもこれが最後でしょう。耳が聴こえなくなるにしても、アバドのコンサートが聞き納めなら、本望というもの。しかしコンサートの1ヶ月半も前です。なんという運の悪さ!せめて病気になるのが半年後だったなら・・・

突発性難聴という病気は、浜崎あゆみやスガシカオがかかったことで世間に周知されるようになったらしいのですが、厚労省指定の難病です。原因はわかっていません。一週間以内に治療すると、完治する可能性はかなり高くなるそうですが、それでも70%程度らしいのです。

ベー トーヴェン気分で国立病院(正確には国立病院機構・仙台医療センター。長たらしい!)に行った所、診断は果たして突発性難聴。点滴でステロイドを体に流しこむという治療を続け、とりあえずはある程度の聴力の回復は出来ました。ただ周波数特性がメチャクチャで、特に低音が聞こえ難く高域寄りの変な音に聞こえます。日常生活に不便はありませんが、音楽はちゃんと聞けません。でもまあある程度回復しただけでも、私は運が良いというものではないでしょうか。浜崎は駄目だったらしいですし。

そうこうするうちにカジモトから松島のプログラムが発表されました。コンサート前半はオーケストラ・メンバーによるブラームスの弦楽六重奏曲第1番(映画「恋人たち」につかわれて有名な方)、後半はシューベルト「未完成」というもの。 なんだこの変なプロは!たった1時間のコンサートというだけで疑問なのに、その半分は室内楽。おまけに「未完成」で終わるって。

チケット料金は全席8000円なので、サントリーのコンサートに比べると安いわけですが、いくら安くても未完成1曲で8000円・・・たまたまサントリーの券も押さえていたから、いいようなもののこれって何なんでしょうか?運が悪い。あ、いや、サントリーを確保していたのは、運が良いのか。もうなんだか自分で もよくわかりません。

やがて耳の調子が急に良くなりました。その頃には点滴ではなく錠剤のステロイドを飲用するという治療に変わっていたのですが、突然、いままで聞こえなかった電車の走行音が聞こえるようになったのです。周波数特性は相変わらず左右バラバラなのですが、それでもかなりの改善。ヘッドフォンで音楽を聞いてみると、ヴォーカルなどはかなりまともに聞こえます。やはり私は運が良かったのであろうか、と再び希望を取り戻したと思ったら。

来日中止のニュースです。オー・マイ・ガッ!!!いや、無神論者の私には、神を呪うことすら出来ません。カジモトから案内があり、プログラムを室内楽2曲に変更し、チケット料金8000円は払い戻し。この室内楽演奏会は無料招待にするとのこと。なん というかこう・・・「落胆」などいう言葉では言い表せないのですが、どうせこの日の予定は空けていたので、室内楽演奏会も聞くことにしました。ブラームス ともう1曲はチャイコフスキーの「フィレンツェの思い出」。
(続く)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年7月 »